記事

少女たちに「裸の自撮り」を送らせる騙しの手口

1/2

ネットで「裸の自撮り」を送らせる児童ポルノ被害が急増している。主な被害者は女子中高生。なぜ彼女たちは自撮りを送ってしまうのか。子育てアドバイザーの鳥居りんこさんは「背景にあるのは性への興味だけではない。いまの世代に特徴的な『人に嫌われたくない』という気持ちがある」という――。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/itakayuki

■なぜ、女子中高生は裸を自撮りして会ったことない人物に送るのか

警察庁発表の子供の性被害をめぐる平成30年中の統計では「児童ポルノ」の検挙件数が3097件にのぼった。平成21年には935件だったので約10年で3倍以上になったことになる。

この児童ポルノ被害の約4割が「児童が自らを撮影した画像に伴う被害」だ。つまり、児童が何者かにより自撮りで裸体を撮影させられ、メールなどで送らせる。

平成30年中の「自ら撮影した画像に伴う被害に遭った児童」の内訳を見てみると、高校生が45.7%、中学生が44.2%、小学生が8.3%(その他1.8%)となっている。

近年は中学生や高校生だけでなく、小学生のネットの利用が広まり、このようなSNSを利用した被害が小学生にまで拡大しているのだ。

行政も手をこまねいているわけではない。東京都をはじめとする各地方自治体は「自画撮り被害を防ぐ為の罰則付き条例」を施行し、未成年に不当に自画撮り写真を要求する行為に対する罰則を規定し始めている。

つまり、何者かが児童に自撮りで裸体を撮影させ、それをメールなどで送らせる

ではなぜ、少女(少年)は結果として自らの裸画像を送っているのだろうか?

■「お金欲しさ」で裸の画像を撮るわけではなかった

これには加害者側の「脅し」や「騙し」が存在していることは言うまでもない。未成年は収入がないことが普通なので、これを「お金」欲しさの行動であると想像される方もいるだろう。確かに、被害事例の中にはネット上で知り合っただけの男にストレートに「お金を払うから」と騙されて裸画像を送らされたケース、あるいは「好きなアーティストのチケットを譲ることができる」と言われ、言葉巧みに裸画像を送らされたケースなどもある。

筆者は思春期の子育てに悩む親からの相談を数多く受けている。その関連で、児童ポルノの被害にあった少女(少年)たちを取材していると、彼らが裸画像を送る本当の理由は「チケット」や「お金」欲しさではないように感じるのだ。

まず、彼ら少年少女の社会背景がある。

彼らはデジタルネイティブ世代で、自撮りしてインスタグラムなどSNSに自分の画像をアップロードすることへのためらいは小さい。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/stockcam

さらに、思春期の彼らにとって「友だち」は何よりも大切なものであり、それはリアルであろうとネット上であろうと同じだ。異論を承知で言えば、むしろネット上の見知らぬ「友人」のほうが本音を語りやすいという特徴があるのだ。それゆえ、彼らは簡単に人を信用してしまう傾向がある。

■SNSで女ともだちになりすまし少女を騙す手口

筆者が関わったケースとしては、典型的な被害の「入り口」はこのようなものだ。

ゲームアプリで親しくなり、お互い、何でも言える関係になった同い年の女友だちから相談が入る。「自分の体の悩みを相談したいの」。そのような理由で、まず、女友だちの側が自分の裸画像を送ってくる。そして、その女友だちは「私が秘密を送ったんだから、あなたも送って」と執拗に迫るのだ。

やがて「秘密の共有」ということになるが、その女友だちの正体はどこの誰かも分からない男性という結末。いわゆる“なりすまし”だ。正体を現した男が彼女を脅迫し始めるというパターンである。

近年、急増しているこの自分の裸画像を送ることによるトラブルには、次の3つの問題点が複雑に絡み合っていると思われる。

・嫌われたくない症候群
・性への興味と注目されたいという思春期独特の思考
・承認欲求


ひとつずつ説明してみよう。

■少女たちが裸の画像を躊躇なく送る3つの動機

【1:嫌われたくない症候群】

先ほどの例でいえば、女友だちになりすましていた男に対し、彼女(A子・中3・東京都在住)は最初はさすがに嫌がっていたのだが、執拗な相手に結局、根負けすることになる。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/frankpeters

「なぜなのか?」と尋ねた筆者に彼女(A子)はこう答えた。

「断り切れなかったでんです。相手に『私(成りすまし男)はA子のこと親友だと思って、誰にも言えない秘密を送ったのに、A子は私のこと親友とは思ってなかったんだね……』と言われて」

年頃の女の子にとって秘密の共有は、親友の証しでもある。そこを巧みにつかれてしまったのだが、その根底には、日本の教室文化にはびこる「空気を読み」→「嫌われないようにふるまう」ということが大きく影響しているように思うのだ。

そのため、自分よりも上の立場の相手に強く言われてしまうと反論する術もなく、簡単に迎合してしまう。

さらに、思春期特有の感情として「他人の感情に反応してしまう」という特徴がある。これは、「一緒に死のう」と考える親友同士が、どちらか一人の感情に過剰に反応してしまった結果、そのような心理を共有してしまうような現象に代表されるかもしれない。

ゆえに、A子のように、相手が「被害者を装う」あるいは「パワハラ」(「俺のことを愛しているなら、できるはず」というような脅し)をかけてきた場合、毅然と断ることができなくなるのだ。

A子のケースは「もうこれ以上は送らない」と言った途端に、その正体を現した“なりすまし男”が執拗に脅迫してきたために、警察が介入することになった。

こうしたトラブルに関して、親ができることはわが子にこう繰り返し伝えることだ。

「自分の心と体を守るのは自分しかいない」
「あなたが嫌がることを強要し、傷付けても平気な人間は友達ではない」
「自分が正しいと思うことを伝えることをためらってはいけない」

あわせて読みたい

「性犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「スタバでMac」批判記事に呆れ

    かさこ

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    金美齢氏 老後の人生は自己責任

    みんなの介護

  4. 4

    東芝子会社 約200億円の架空取引

    AbemaTIMES

  5. 5

    インフル流行防ぐ予防接種の役割

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  7. 7

    センター試験監督「憂鬱の極み」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  9. 9

    石破氏 河井前法相の発言に疑問

    石破茂

  10. 10

    滝クリ母 娘の出産は大変だった

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。