記事

白鵬に一代年寄を認めるか ヨネスケ氏、やくみつる氏の見解

優勝回数は43回(時事通信フォト)

やくみつる氏は「相撲の本質」を説く(写真/共同通信社)

 国民の意見が二分されるテーマは様々な事柄にわたっている。横綱・白鵬の一代年寄について、『週刊ポスト』読者アンケート(※)では、【認める】52.6%、【認めない】45.5%と真っ二つに分かれた。相撲通の論客にそれぞれの見解と、その理由を聞いた。

【写真】やくみつる氏は「相撲の本質」を説く

●ヨネスケ氏(落語家・認める派)

 34歳8か月で43回の優勝ですからね。一代年寄を与えないと、日本出身じゃないからだと解釈され、差別問題、国際問題になってしまう。

 決定権は協会にあるが、一代年寄は功績著しい力士が、引退後も現役時代の四股名を名乗れる制度なんでしょう。白鵬に認めなければ、今後、(優勝回数22回の)貴乃花に匹敵する日本人横綱が出てきても、与えられなくなりますよ。

 たしかに品格は問題。ただ、それを理由に認めないなら、本人にはっきり、“エルボーや張り手を使ってどんなに優勝しても、一代年寄は認められないよ”と言うべき。万歳三唱、三本締めにしても、日本の文化を知らないのだから、教えてあげないと。

 問題はあっても、八百長問題などの時に矢面に立ち、信頼回復に努めてきたのは白鵬じゃないですか。

●やくみつる氏(漫画家・認めない派)

 厳しいようですが、一代年寄どころか、年寄株すら継がせてよいのかというレベルだと考えます。

 カチ上げや張り差し、インタビューでの万歳三唱や三本締めなどは枝葉末節で、最も本質的な問題は立ち合いの呼吸を合わせようとしない取り口。相撲は両手を付いて、呼吸が合ってから同時に立つ。どんな変化技も、呼吸が合ってからの動きです。

 ところが、白鵬は自分の間合いでなければ待ったをする。横綱でありながら、立ち合いの呼吸を外すことに専心している。それは相撲人として本質を見誤っていないか、それで弟子を指導できるのか。

 協会は“そこを改めなければ年寄株をやらないぞ”という意思表示が必要でしょう。優勝回数で大鵬(32回)を抜いたからといって、同じように尊敬の念を抱かれるわけではないのです。

【※本誌読者アンケート「2020年日本の重要問題について意見をお伺いします」から集計。998人が回答。100%に満たない部分は無回答】

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

あわせて読みたい

「白鵬」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    【読書感想】ニッポン 未完の民主主義-世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

    fujipon

    04月20日 10:40

  3. 3

    「アルコール提供自粛要請」「土日祝日の飲食店休業要請」大阪府が緊急事態宣言で検討

    BLOGOS しらべる部

    04月20日 19:38

  4. 4

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  5. 5

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  6. 6

    若くしてスマートな今年の新入社員を絶望させる"化石燃料タイプ"のNG行動

    PRESIDENT Online

    04月20日 16:59

  7. 7

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  8. 8

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  9. 9

    昨年末からじわじわと円安ドル高に…地政学的リスクの増大が一つの要因か

    ヒロ

    04月20日 11:44

  10. 10

    ワクチン問題 最低足りないことは無くなった 今やらなければいけないこと

    中村ゆきつぐ

    04月20日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。