記事

ジュンク堂書店京都閉店!ロフト名古屋店も。時代は紙の本から電子書籍へ

中小書店の淘汰はすでに進んでいるものの、ついに大型書店も閉店に。

ジュンク堂書店京都店・ジュンク堂書店ロフト名古屋店がともに、2020年2月29日に閉店する。

Amazonなどネットで本を買う人が増え、中小書店はだいぶ淘汰されたが、大型書店だけは存在意義があった。

豊富な品揃え。立ち読みで中身を確認できる。偶然いい本を見つけられる。大型書店に行くこと自体が楽しいなど。

私も本は大好きなので毎日のように書店に行っていたが、今はほとんど行かなくなった。

理由は3つ。

1:リアル店舗にわざわざ行くのが面倒。
2:本を買うならAmazonで十分。
3:紙の本を買わなくなり電子書籍で読むようになったから。

特に3。

紙の本の方が絶対いいと思い込んでいたが、電子書籍の便利さに気づいてしまったら紙の本には戻れない。

電子書籍ならすぐ買って読める。何冊も持ち歩ける。場所をとらない。

電子書籍でいいならもはや書店はいらない。大型書店ももはや必要性がなくなってしまった。

紙の本の売り上げが年々右肩下がりだが、電子書籍の売り上げは右肩上がり。

まだまだ紙の本の市場規模が大きいものの、紙はどんどん売り上げは下がり、電子書籍はどんどん売り上げは上がる傾向はこの先も変わらないだろう。

そしたらもう書店はいらない。いるとしたら絵本専門店ぐらい。

ジュンク堂書店の京都とロフト名古屋の閉店は、単にネット通販が優勢になっただけでなく、紙の本の終わりのはじまりの象徴ではないか。

本は紙である必要性があるのか?

大型書店にあるような時事ネタや流行のビジネス書なら、電子書籍にしてすぐ出版しすぐ読めた方が、著者も読者もはるかにいい。

電子書籍なら、家やオフィスに本があふれることもなく、どこでも買った本を持ち歩くことができる。

大型書店の閉店は紙の本の終わりのはじまりで、何度も言われてきたけど今までいまいちだった、電子書籍元年がいよいよやってきたのではないだろうか。

紙の本信仰している人は、電子書籍で読者習慣つけると、はるかに便利に多読できるはず。

あわせて読みたい

「電子書籍」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。