記事

岡村隆史、正月休みに地元で「あおり運転」被害に遭う

 1月9日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村が地元・大阪府茨木市で「あおり運転」の被害に遭ったことを明かした。

 正月休みを地元で過ごした岡村。実家から友人2人と駅前の寿司店までタクシーで向かうと、「ホンマにビックリしたんですけど、アカンってなってるあおり運転に遭うという」と告白。

 店の付近まで来たものの、場所がわからず、スピードを落として走っていると、「ほんなら、後ろからもうすぐですよ。パーッパパパパパって、(クラクションを)鳴らされて。一車線やのに、追い越して横に来るわけ。窓開けて『カーッ!』って言うとんねん」と話す。

 曲がってもその車はついてきて、「窓を開けてワーワー言うてんねん」と回想。周囲を迂回している間に、相手の車は去っていったという。

 岡村は「まさかのこんなん……初めてや。いまの御時世でも、あんなアカンって言うててもあんねん。しかもずーっとついてきて、ずーっと鳴らされた。怖かったわ」と恐れおののいていた。

 あおり運転をめぐっては、昨年8月、茨城県守谷市の常磐道で、男性があおり運転の後に殴られた事件で、同乗していた「ガラケー女」も含めて大きな話題となった。岡村は同年8月22日放送の同番組でこの事件について触れ、「えらいことになっているけど、ほんまドライブレコーダーとかしっかりつけていないと、何がどこでどうなるかわかりませんから」と警鐘を鳴らしていた。

 正月早々、あおり運転を経験した岡村。自己防衛のためにも、やはりドラレコは必須のようだ。

あわせて読みたい

「岡村隆史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  8. 8

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。