記事

NHK大河が描く明智光秀像の変遷 野心家から実直な人物へ

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』公式サイトより

 1月19日にスタートするNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。これまでにNHK大河ドラマで登場した明智光秀は15人に上る。歴史作家の島崎晋氏が、その人物像の変遷について解説する。

 * * *
 NHK大河ドラマでもっとも視聴率を稼いできた作品は幕末か、戦国時代の終盤とされる。そのため明智光秀の出番も多く、1965年放送の『太閤記』を最初として、最近では2017年放送の『おんな城主 直虎』にいたるまで、過去58作のうち実に15作に登場している。

 半世紀にわたり15作に登場するなか、光秀の描かれ方は一様ではなかった。全体としては、江戸時代に著わされた軍記物語を基本としながら、その時々に流行った学説や歴史観が反映されてきた。光秀の人物像も野心家から実直な人物へと変化を重ねている。

 野心家としての光秀を描く際に欠かせないのが、本能寺の変の直前、連歌師の里村紹巴らを招き、京都の愛宕山で催した歌会の席で詠んだ次の一首である。

「ときは今 あめが下知る 五月哉」

 従来、冒頭にある「とき」を明智氏の本来の姓とされる土岐と解釈して、全体では、「この五月、今こそ土岐氏出身である自分が天下に下知する時なのだ」と受け取り、光秀の決意表明とする俗説が踏襲されてきた。

 土岐氏は斎藤道三に追われるまで、美濃国の守護職を務めてきた名族。尾張守護代の織田家よりも、土岐氏の支族である光秀のほうが天下人となるに相応しい。光秀は早くからそう考え、長いあいだ我慢に我慢を重ね、機会をうかがっていたというわけである。

 けれども、上の歌が単純に季節を愛でるものであれば、野心家説は見当違いも甚だしい珍説奇説の類と化してしまう。それに野心家として描くのであれば、丹念に伏線を描く必要も出てくるだろう。

 2時間や3時間で終わるドラマであれば野心家説のほうが作りやすいが、一年を通して放送する大河ドラマでは、より複雑な心境の変化が描かれるのではないか。織田信長に対する思いが、さまざまな出来事を通じて右に左に変化を重ねる。光秀を主人公にしたのだから、そのように描くのが自然だろう。

 以上はあくまで、筆者の希望を多分に交えた予想である。1996年放送の『秀吉』では有能で人間味豊か、禁欲的で冷静な人物として描かれていた光秀が、今回はどう描かれるのか。視聴者の期待も大きいだけに、製作スタッフも光秀を演じる長谷川博己も、相当なプレッシャーを感じているに違いない。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊に『ここが一番おもしろい! 三国志 謎の収集』(青春出版社)がある。

あわせて読みたい

「麒麟がくる」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「肺炎拡大の覚悟を」医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    武漢のリアルを映した映像が話題

    AbemaTIMES

  4. 4

    AV出演者 作品の二次使用に課題

    AbemaTIMES

  5. 5

    募ると募集違う? 首相答弁が波紋

    女性自身

  6. 6

    東出の不倫めぐる「稚拙なミス」

    藤沢数希

  7. 7

    プロ野球の投球間隔は「長すぎ」

    WEDGE Infinity

  8. 8

    元徴用工は韓国に賠償請求せよ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「共産市長NO」巡る立民の不誠実

    田中龍作

  10. 10

    番組担当者が自殺 MXTVの無責任

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。