記事

無人コンビニ×、シェア自転車×……中国スタートアップ、もうオワコンなの? 「日本語専攻者はAV業界に行け」と言ってた中国企業とは - 安田峰俊 山谷剛史

1/2

 猛烈な速度で変化を続ける中国は、継続的にウォッチするだけでも大変だ。かつて「スゴイ」と言われていた中国のイノベーション・ブームもかなり下火。加えて米中対立のもとで西側諸国から中国への風当たりが強まったことで、近年は中国製アプリの言論統制問題など、IT事情に限っても剣呑な話題が多くなっている。

【写真】カンボジアではっちゃける中国人、中国で急拡大するインド企業……この記事の写真をすべて見る(全9枚)

 そんな激動の2019年の中国IT関連の動向を中心に、1月17日のイベント「B級中国 vs. S級中国」の開催を控える中国ルポライターの安田峰俊氏とアジアITライターの山谷剛史氏に振り返ってもらった。

 もはや毎年恒例となった両者の中国対談。興味のある方は2018年記事(その1、その2)と2017年記事(その1、その2)もご覧いただきたい。

人口1200万、深圳の街並み ©iStock.com

◆◆◆

「中国の社会がきっちりしちゃって、つまらなくなった」

安田 おはようございます。今回は2人のスケジュールが合わなかったので、昆明にいる山谷さんとLINEのテレビ電話での対談です。最初はWeChat(中国で普及しているチャットソフト)で喋ろうかと思ったんですが、政治的にまずい話が出ると日本語の会話でも当局にチェックされてしまうので、あえてLINEに。

山谷 夜になると、VPN(中国でtwitterやLINEなどをはじめ様々な西側のネットサービスを利用するために用いる暗号化技術)が接続しにくいんですよね……。去年の6月に香港デモが始まってから、よりキツくなった印象です。ネット接続の面倒ひとつを取っても、中国だけを拠点にすると厳しい時代になりました。

安田 山谷さんは雲南省の昆明に長く住んでいましたが、数年前から日常生活の拠点を日本国内に移しましたよね。

山谷 昆明との縁は18年目で、今後も定点観測は続けますが、最近の生活拠点は日本で、中国以外を見ていこうと動いてます。理由はネットの件や物価の上昇もありますが、なにより中国の社会がきっちりしちゃって、つまらなくなった点も大きい。もちろん、まだカオスなものは残っていますが、往年の縮小再生産みたいな感じはあります。

安田 私もそれを感じています。最近は別の国に行って中国っぽいものを追いかけるほうが、未知の世界を見られて楽しいんですよ。2018年末以降だと、『もっとさいはての中国』で書いたカナダやルワンダ、ケニア、ほかに技能実習生関連の取材で行ったベトナムなんかが面白かった。どの国でも、取材言語はほとんど中国語です。

中国人はカンボジアではっちゃける

山谷 わかります。他の国で中国を追っかけるのが楽しいんですよね。僕は去年の10月にカンボジアのシアヌークビルに取材に行ったんですが、かなりワクワクしました(『中国人の「ギャンブル」「詐欺」産業が集中するカンボジアのシアヌークビルに潜入した』を参照)。かなりアナーキーな場所で、中国人が数十人~数百人単位で捕まるニュースがばんばんあるんですよ。

 ネットカジノの運営をやらないかと中国国内で人を騙して集めて、カンボジアに着いたらパスポートを取り上げてタコ部屋に軟禁して強制労働とか。あと、カンボジア政府は中国からの援助……という名の借款漬けになっています。

安田 借款といえばケニアもやばいんですよ。国家予算の3分の1になる98億ドルも中国から借款を抱えて、中国国鉄と同じ車両が走るSGRっていう新鉄道を建設したんですが、その2本目の路線は野生動物保護区の国立公園をブチ抜いています。どうやらケニア政府の役人が中国のワイロ漬けになり、線路を通しちゃいけない場所への建設計画にゴーを出したみたいなんですよね。

 最近の中国人は自国ではお行儀よくしなくてはいけないのですが、ガバナンスがユルい国に行くとハジけるんです。世界の発展途上国の中国人たちは、社会がユルくてギラギラしていた胡錦濤時代(2003~2013年)のノリで動いている。まあ、日本でも500ドットコムが自民党議員にワイロを渡してハジけちゃってましたが……。

山谷 シアヌークビルもほんと胡錦濤時代の中国そのまま。10年前の中国内陸の地方都市っぽかったですよ。でも、スマホ決済のWeChat Payとアリペイはどこでも使えた。中国国内のフードデリバリーアプリの「美団」は使えなかったけど、在シアヌークビル中国人の地場の出前アプリ「西港招牌」「微西港」があって、店の人がバイクでホテルまで料理を届けてくれる。ちなみに西港というのは、シアヌークビルの中国語地名です。

安田 あ、カナダにもそれありました。「飯団外売」という地場の中国系出前アプリで、バンクーバーやオタワ、トロント、モントリオールなんかの中国人が多い街をカバーしています。中国国内でスマホでの出前注文に慣れちゃうと、それがない生活はキツい。需要が生まれるんでしょう。

ルワンダの中国人材に祖母を紹介される

山谷 中国の知識を持って第三国に行くと、ディープなものを簡単に掘れるのがいいですね。バンコク支局やナイロビ支局に常駐して英語で取材している特派員の記者よりも、中国絡みの情報に限ればもっと深いものを拾えてしまう。中国国内では、もともと95%の情報量が97%になるだけだけど、第三国で中国を入り口に取材すると0%が65%ぐらいになるから、快感の度合いが大きい。

安田 それはかなりありますね。あと、現地の中国語人材を取材したり、通訳(現地語⇔中国語の通訳)にすると面白いことが多いんです。過去にルワンダとベトナムで試してみたんですが、彼らは普段は中国人相手の通訳をやっているので、当該国と中国との現場レベルの情報がバンバン入ってくる。

 日本語や英語の通訳だとビジネス的な浅い人間関係で終わりますが、中国語を学んだ外国人同士だと、若いころの留学生寮の仲間みたいな同胞意識が生まれて、もっと深く仲良くなれるわけです。例えばルワンダだと、田舎の実家に招待されてばあちゃんを紹介してもらったりとか。

山谷 面白いですね。日本語の通訳よりも安いはずだし、僕も今度やってみよう。でも、なんでそれに気づいたんですか?

安田 2016年にイスラエル取材に行ったときに、中国で博士号を取って現地の投資コンサルで働いているユダヤ人の女性と友達になったんです。エルサレムの喫茶店で、日本の神風特攻隊とパレスチナ人の自爆テロの違いを議論していたらめっちゃ盛り上がって。彼ら彼女らとしては、中国人とほぼ同じ顔で中国語でコミュニケーションができるのに、中国人とは異なる考え方をする日本人は興味深い存在になるんですよね。

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  2. 2

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  3. 3

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  4. 4

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  5. 5

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  6. 6

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  10. 10

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。