記事

自衛隊派遣に賛成するしかない

自衛隊が中東の海域に派遣されるが、わしはこれに賛成する。
全面的な賛成ではないが、自衛隊の士気にかかわるので、今回は賛成せざるを得ない。

本来は軍隊として、石油を運ぶ日本のタンカーを守るのが当然なのだ。
日本のタンカーの安全航行を外国に頼るのは決して独立国のふるまいではない。

現状の「属国憲法」がある限り、軍隊未満の自衛隊は日本のタンカーも、自分自身の安全も守れるかどうか分からない。

だが現状、自衛隊派遣はまったくやむを得ない選択だろう。
イランの司令官を殺害するというトランプ大統領の暴挙によって高まった緊張感ではあるが、全面戦争にならぬように歯止めをかける理性くらいはトランプに残っていたようだ。
これなら戦争にはならない確率は高い。

むろん想定外の突発的な事件から戦争になる危険性は残っているから、そのリスクを日本の自衛隊が抱えたまま派遣されることになるが、「属国憲法下」ではこれが精一杯だという政府の判断は正しいだろう。
安倍首相も中東に自衛隊派遣の説明に行ったようだし、現状正しいと言うしかない。

卑怯なのは立憲民主党をはじめとする野党である。
憲法改正もする気がなく、危ないから行くなという愚にもつかない批判を行っている。

立民は社民も合流させるから、もう完全な護憲左翼である。
国民民主党がこれに合流すれば、左翼大連合ができることになる。
玉木雄一郎はそこのところ分かっているのだろうか?
立民が護憲左翼化した今だからこそ、浮上する芽が出てきたのに、合流して護憲左翼になり、「危ないから自衛隊を派遣するな、民間の船舶を守るな」という立場に成り下がるのか?

枝野幸男は中東派遣は憲法問題じゃないと考えているようだが、冗談ではない。
明白な憲法問題である。
「属国憲法」から抜け出さねば、危険を承知で、自衛隊を送り出すしかないのだ。
自衛隊員の命を蔑ろにしているのは、立民ら野党である。

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  9. 9

    夜の街巡る上から目線要請に苦言

    ABEMA TIMES

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。