記事

イラン軍がウクライナ機の撃墜認める、人為的ミス


[ドバイ 11日 ロイター] - イラン軍は11日、国営テレビを通じて声明を発表し、同国で墜落したウクライナ機について、人為的ミスで撃墜したと認めた。ザリフ外相はソーシャルメディアで、米国の「冒険主義」が遠因と指摘した。

イラン軍は声明で、同機がイラン革命防衛隊の施設に接近していたと発表。その上で、責任者は軍内の司法部門で追及され、責任を取ることになるとした。

ウクライナ国際航空の米ボーイング737型機は8日、イランの首都テヘランのエマームホメイニ空港を離陸した直後に墜落。乗員乗客176人全員が死亡した。[nL4N29D1A7]

イラン軍は声明の中で、犠牲者の遺族に哀悼の意を表明した。

墜落を巡っては、米国とカナダが撃墜されたと主張していたが、イランは当初、撃墜を否定していた。[nL4N29E3DI]

イランのザリフ外相はツイッターで、「米国の冒険主義によって引き起こされた(米イラン間の)危機時における人的ミス」が惨事につながったと指摘した。

同国のロウハニ大統領もツイッターに投稿し、「この悲惨な過ちに深い遺憾」を表明。「私の思いと祈りはすべての嘆く遺族へ。深い哀悼の意をささげる」とした。

*本文の体裁を整え再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。