記事

今年の通常国会も、少ない政府提出法案数か

今日、正式に今年の通常国会が1月20日からスタートすることが決まりました。6月17日までの150日間。

私が注目しているのは、安倍政権が国会に提出してくる法案数。

普通であれば、通常国会では80~90本近い政府提出法案が提出され審議されます。ところが近年の安倍政権においては50~60本台と通例の3分の2程度が続いています。

安倍総理が、この国をこういう方向に持っていきたい、と考えるのであれば、それを実行するための法律が必要です。したがって法案数というのは、その政権が国を主導しようとするエネルギーのバロメーターでもあると思います。

ところが今、噂で聞こえてくるのは、今国会においても政府提出法案数は絞ったものになるらしい。しかも、対決法案のようなものはないようです。都知事選で国会を延長できないから、などという理屈をつけているようですが、都知事選は国政とは違うので理由にはなりません。

安倍総理が、政権運営に熱情を失ってしまっているのではないか、今はただ自分の権力基盤をいかに長く守っていくかだけに関心があるのではないか、と私が見るのもここにあります。

明らかに安倍政権はエネルギーを失っています。そのような政権は退陣すべきです。

あわせて読みたい

「通常国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  4. 4

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  5. 5

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  6. 6

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  10. 10

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。