記事

石油中東依存率88.25%の日本と1.76%のアメリカ

1/2

日本とアメリカにおける取るべきエネルギー安全保障政策について、直近の信頼できるデータを用いて検証してまいりましょう。

少し長くなります、お時間のある読者はどうかお付き合いくださいませ。

イラン情勢をめぐる緊張が続く中、安倍総理大臣は今週末から予定していた中東3か国への歴訪について、アメリカ、イラン双方が事態の悪化を避けたいという姿勢を示していることを踏まえ、予定どおり実施する意向を固めました。

安倍総理大臣は、11日からサウジアラビア、UAE=アラブ首長国連邦、オマーンの3か国を訪問いたします。

安倍総理大臣としては、今回の歴訪で3か国をはじめとする関係国に、事態の安定化に向けた外交努力を尽くすとする日本の立場を明確に示すとともに、中東地域への自衛隊派遣の目的も丁寧に説明して理解を求めたい考えです。

(関連記事)

安倍首相 予定どおり中東3か国訪問へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200109/k10012240211000.html

野党や一部メディアからは、中東地域への自衛隊派遣やそもそもの今回の首相中東3か国訪問自体に反対意見があるわけですが、少し冷静にこの訪問を日本政府のエネルギー安全保障政策の一環として俯瞰してみたいです。

まず、今回の歴訪3ヶ国を地図で確認しておきます。

■図1:安倍首相歴訪3ヵ国とイラン・イラク
※『木走日記』作成

サウジアラビア・UAE・オマーンの三ヶ国はサウジアラビアを中心に、親米・反イランの国であり地政学的にはペルシャ湾を挟んでイランと対峙しております。

さて、経済産業省は以下サイトで直近(平成30年)の日本の国別原油輸入量のデータを公開しています。

■経済産業省
石油統計
統計表一覧
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sekiyuka/index.html

それによれば、サウジアラビア・UAE・オマーンの三ヶ国は、日本の国別原油輸入国の、それぞれ第1位、第2位、第9位にあることがわかります。

■図2:日本の原油輸入国ベスト10(2018年)
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sekiyuka/index.html
※経済産業省石油統計データより『木走日記』作成

グラフでは、アメリカ(青)とロシア(青)以外、3国(緑)を含め中東諸国(赤)が上位8ヵ国を占めていることが確認できます。

あらためて経済産業省石油統計データより、地域別の原油輸入量を図表にしてみましょう。

■表1:国別原油輸入量(2018年)(単位:kl/Unit:kl)
国名 輸入量 中東諸国
カザフスタン 01,512,802
ベトナム 00,471,604
マレーシア 00,777,150
ブルネイ 00,170,784
インドネシア 01,225,348
イラン 06,664,356
イラク 02,595,566
バーレーン 03,356,177
サウジアラビア 67,695,379
クウェート 13,466,843
カタール 14,202,518
オマーン 03,284,662
アラブ首長国連邦 44,894,178
イエメン 00,083,352
ロシア 07,785,624
アメリカ合衆国 04,176,553
メキシコ 01,470,603
コロンビア 00,265,915
エクアドル 01,684,704
アルジェリア 00,358,340
アンゴラ 00,387,291
タンザニア 00,011,619
オーストラリア 00,472,545
パプアニューギニア 00,028,940

※経済産業省石油統計データより『木走日記』作成
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sekiyuka/index.html


■図3:国別原油輸入量(2018年)(単位:kl/Unit:kl)
※経済産業省石油統計データより『木走日記』作成
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sekiyuka/index.html

わかりやすく我が国の原油輸入先の中東依存率を円グラフにしてみましょう。

■図4:国別原油輸入量(2018年)と中東依存率(単位:kl/Unit:kl)
※経済産業省石油統計データより『木走日記』作成
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/sekiyuka/index.html

日本の石油中東依存率は、156,613,048 / 177,477,098 = 0.8825153252585689、すなわち
88.25%に及んでいるわけです。

さてアメリカです。

米国の原油生産量が2018年に45年ぶりに世界首位になったことが昨年3月、米エネルギー情報局(EIA)の報告書で明らかになりました。

シェールオイルの増産により生産量が17年から約2割増え、世界首位の原油生産国になったのであります。

ここ10年で、アメリカが原油大量輸入国から逆に大量輸出国へと急激に変貌を遂げようとしている、いわゆる「シェール革命」です。

(参考サイト)

■資源エネルギー庁
第1節 米国の「シェール革命」による変化
https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2015html/1-1-1.html

興味深いのは原油生産量が世界一になっても、大量消費国アメリカですから国内需要を満たせてはいません、原油の輸出量を増やしながらですが、原油の輸入も続いております。

ひとつにはアメリカが生産するシェール石油が軽油中心であり必要な重油を補うことができないからだとされています。

あわせて読みたい

「中東情勢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  3. 3

    児童レイプめぐる米国のダブスタ

    Rolling Stone Japan

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    新型コロナで勝ち組になった企業

    ヒロ

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  8. 8

    次期首相の資質に「もらい泣き」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  10. 10

    元防衛相「敵基地叩く能力必要」

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。