記事

エアバスの純受注機数、19年は3%増 納入機数の伸びには届かず


[パリ 10日 ロイター] - 欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>が発表した2019年の純受注機数は3%増の768機だった。ただ納入機数の伸びには届かなかった。

総受注機数は36%増の1131機と、増加率は過去6年間で最高。昨年末に長距離旅客機「A330ネオ」40機を受注した。

納入機数は7.9%増の863機だった。

ロイターは1日、関係筋の話として、エアバスが19年の納入機数で米ボーイング<BA.N>を上回り、2011年以来の世界首位になったと報じた。

ボーイングは14日に納入機数などを発表する予定。

エアバスの出荷受注比率は0.89と、09年の金融危機以来の最低水準となった。主力機「A320」シリーズの19年の納入機数は640機以上だった。

20年の見通しは1月末の通期決算発表時に公表する。

あわせて読みたい

「航空業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  7. 7

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  8. 8

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  9. 9

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。