記事

『ドラえもん』の第1話は6種類あった、読者の年齢に応じ変化

『よいこ』に掲載されたドラえもんの第1話(C)藤子プロ・小学館

『よいこ』掲載の第1話の2見開き目はこう続いていた(C)藤子プロ・小学館

ドラえもんを「いらないよ」と言ったのび太(C)藤子プロ・小学館

のび太が仰天した『小学一年生』の第1話(C)藤子プロ・小学館

引き出しから出てくるドラえもんの頭…(C)藤子プロ・小学館

セワシと別々にドラえもんが登場する『小学三年生』(C)藤子プロ・小学館

「恐ろしい運命から救いにきた」という設定もリアルな『小学四年生』版(C)藤子プロ・小学館

 今から50年前、1970年のお正月にドラえもんは“誕生”した。『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』~『小学四年生』の6誌同時にマンガ『ドラえもん』の連載がスタートすると、瞬く間に、国民的キャラクターに“成長”した。

【コマ】雑誌『よいこ』版のドラえもん第1話の続き

 そして、「ひみつ道具」や「四次元ポケット」など未来への夢と希望が詰まった“ロボット”はいつの時代も子供たちから愛され、大人になってもなお心の拠り所のような存在だ。

 そんなドラえもんの誕生秘話が明かされる『ドラえもん第0巻』が発売された。新刊の発売はなんと23年ぶり! この第0巻をみると、「第1話」に関する意外な事実が浮かび上がってくるのだ。

◆実は6種類もあった第1話

 6つの児童誌で同時に誕生したドラえもん。「引き出しから登場」という基本設定は同じでも、読者の年齢に応じてバリエーションはさまざまなのだ。その概要を紹介しよう。

【よいこ】

 3~5才児を対象にした雑誌『よいこ』の第1話は、ページ数はわずか4ページでコマ割りも大きい。/『よいこ』1970年1月号

【幼稚園】

『よいこ』と似た構図で、ドラえもんとのび太の孫・セワシの突然の登場に驚くのび太。/『幼稚園』1970年1月号

【小学一年生】

 文字数がグッと増えて、驚くのび太の様子もリアルに。/『小学一年生』1970年1月号

【小学二年生】

「たよりない顔だな」など、のび太の“弱虫ぶり”も描写。ページ数も全11ページと読み応えたっぷり。/『小学二年生』1970年1月号

【小学三年生】

 全15ページで、ストーリー設定も細やかに。セワシは先に引き出しから登場し、驚くのび太に追い打ちをかけるようにドラえもんが現れる。/『小学三年生』1970年1月号

【小学四年生】

 ドラえもんがやって来た理由やのび太の未来も告げられ、グッと物語に引き込まれる登場シーン。/『小学四年生』1970年1月号

※女性セブン2020年1月16・23日号

あわせて読みたい

「ドラえもん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  5. 5

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  6. 6

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  7. 7

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  8. 8

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  9. 9

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  10. 10

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。