記事

ラグビーW杯の熱狂よ再び…にわか的トップリーグ観戦方法

1/2
「ラグビーシーズン」はこれからが本番(時事通信フォト)

 振り返れば、2019年はまさに“ラグビーの年”だった。初のアジア開催となった日本でのワールドカップ(W杯)で日本代表が躍進。史上初めてベスト8に進出し、試合中継の視聴率は試合を追うごとにうなぎのぼり。多くの“にわかファン”を生み、大会閉幕後のパレードには5万人が集まった。その後もテレビで代表選手を目にしない日はないほど、フィーバーを巻き起こしている。

「今回のW杯で初めてラグビーをじっくり観た」という諸氏も多かったことだろう。そのおもしろさに目覚めて「もっと観たい」と思った人、ご期待いただきたい。

 1月12日から国内最高峰リーグ「ジャパンラグビー トップリーグ2020」が開幕する。「ONE TEAM」でW杯を戦い抜いた日本代表選手たちが、今度は敵味方に分かれて激突するのだ。冬のスポーツであるラグビーは、実はこれからが本番である。

 16チームが総当たりで雌雄を決するリーグ戦(全120試合)は、20都府県30会場を舞台に5月9日まで続く。入場料は前売り大人2000円から(小中高生は500円から)と、W杯と比べて格段にリーズナブルだ。

 トップリーグを観戦するなら、まずは代表選手同士のぶつかり合いに注目するのがわかりやすい楽しみ方かもしれない。例えば、こんな顔合わせを見ることができる。

「笑わない男」稲垣啓太(PR=プロップ)とドレッドヘアの堀江翔太(HO=フッカー。いずれもパナソニック)が組むスクラムに、ホンダの具智元(PR)が相対する構図。W杯で世界を驚かせたメンバーによるスクラム対決は見ものだ。

 あるいは、「泣きすぎる男」田中史朗(SH=スクラムハーフ)、司令塔・キッカーの田村優(SO=スタンドオフ)を擁するキヤノンと、田中と同じSHの流大、「Wフェラーリ」の一角・松島幸太郎(WTB=ウイング)が所属するサントリーの激突も見逃せない。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  3. 3

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  4. 4

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  5. 5

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  6. 6

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  7. 7

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  8. 8

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。