記事

ラグビーW杯の熱狂よ再び…にわか的トップリーグ観戦方法

1/2
「ラグビーシーズン」はこれからが本番(時事通信フォト)

 振り返れば、2019年はまさに“ラグビーの年”だった。初のアジア開催となった日本でのワールドカップ(W杯)で日本代表が躍進。史上初めてベスト8に進出し、試合中継の視聴率は試合を追うごとにうなぎのぼり。多くの“にわかファン”を生み、大会閉幕後のパレードには5万人が集まった。その後もテレビで代表選手を目にしない日はないほど、フィーバーを巻き起こしている。

「今回のW杯で初めてラグビーをじっくり観た」という諸氏も多かったことだろう。そのおもしろさに目覚めて「もっと観たい」と思った人、ご期待いただきたい。

 1月12日から国内最高峰リーグ「ジャパンラグビー トップリーグ2020」が開幕する。「ONE TEAM」でW杯を戦い抜いた日本代表選手たちが、今度は敵味方に分かれて激突するのだ。冬のスポーツであるラグビーは、実はこれからが本番である。

 16チームが総当たりで雌雄を決するリーグ戦(全120試合)は、20都府県30会場を舞台に5月9日まで続く。入場料は前売り大人2000円から(小中高生は500円から)と、W杯と比べて格段にリーズナブルだ。

 トップリーグを観戦するなら、まずは代表選手同士のぶつかり合いに注目するのがわかりやすい楽しみ方かもしれない。例えば、こんな顔合わせを見ることができる。

「笑わない男」稲垣啓太(PR=プロップ)とドレッドヘアの堀江翔太(HO=フッカー。いずれもパナソニック)が組むスクラムに、ホンダの具智元(PR)が相対する構図。W杯で世界を驚かせたメンバーによるスクラム対決は見ものだ。

 あるいは、「泣きすぎる男」田中史朗(SH=スクラムハーフ)、司令塔・キッカーの田村優(SO=スタンドオフ)を擁するキヤノンと、田中と同じSHの流大、「Wフェラーリ」の一角・松島幸太郎(WTB=ウイング)が所属するサントリーの激突も見逃せない。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  3. 3

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  4. 4

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  5. 5

    病と闘い 渡哲也さんの役者人生

    渡邉裕二

  6. 6

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

  7. 7

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  8. 8

    安倍首相のコピペ挨拶騒動を検証

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

  10. 10

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。