記事

ラグビーW杯の熱狂よ再び…にわか的トップリーグ観戦方法

1/2
「ラグビーシーズン」はこれからが本番(時事通信フォト)

 振り返れば、2019年はまさに“ラグビーの年”だった。初のアジア開催となった日本でのワールドカップ(W杯)で日本代表が躍進。史上初めてベスト8に進出し、試合中継の視聴率は試合を追うごとにうなぎのぼり。多くの“にわかファン”を生み、大会閉幕後のパレードには5万人が集まった。その後もテレビで代表選手を目にしない日はないほど、フィーバーを巻き起こしている。

「今回のW杯で初めてラグビーをじっくり観た」という諸氏も多かったことだろう。そのおもしろさに目覚めて「もっと観たい」と思った人、ご期待いただきたい。

 1月12日から国内最高峰リーグ「ジャパンラグビー トップリーグ2020」が開幕する。「ONE TEAM」でW杯を戦い抜いた日本代表選手たちが、今度は敵味方に分かれて激突するのだ。冬のスポーツであるラグビーは、実はこれからが本番である。

 16チームが総当たりで雌雄を決するリーグ戦(全120試合)は、20都府県30会場を舞台に5月9日まで続く。入場料は前売り大人2000円から(小中高生は500円から)と、W杯と比べて格段にリーズナブルだ。

 トップリーグを観戦するなら、まずは代表選手同士のぶつかり合いに注目するのがわかりやすい楽しみ方かもしれない。例えば、こんな顔合わせを見ることができる。

「笑わない男」稲垣啓太(PR=プロップ)とドレッドヘアの堀江翔太(HO=フッカー。いずれもパナソニック)が組むスクラムに、ホンダの具智元(PR)が相対する構図。W杯で世界を驚かせたメンバーによるスクラム対決は見ものだ。

 あるいは、「泣きすぎる男」田中史朗(SH=スクラムハーフ)、司令塔・キッカーの田村優(SO=スタンドオフ)を擁するキヤノンと、田中と同じSHの流大、「Wフェラーリ」の一角・松島幸太郎(WTB=ウイング)が所属するサントリーの激突も見逃せない。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  5. 5

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    「飲食店いじめ」「五輪強行」に思うこと 経済財政でも「金メダル」を目指せ

    わたなべ美樹

    07月23日 13:19

  10. 10

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。