記事

「エンジニアリングだけでは、ユーザーが必要なものに行き着かない」 デザインと出会った僕が気づいたこと

1/2

大学院で3Dプリンタを使った義手の開発に取り組む気鋭のクリエイター、小笠原佑樹さん。

高専時代、各種コンテストで数々の実績を上げてきた彼は「デザイン」の世界と出会い、思考が大きく転換した。

「エンジニアリングだけしか知らない僕は、人に使ってもらうことを前提に考えてこなかった」

独学で得た視点を重ね、見えてきたデザインエンジニアリングの世界とは。



小笠原:これ、3Dプリンタで出力した完全一体成形のロボットハンドです。僕が所属している東大の研究室で最近手がけたものです。

3Dプリンタから、この形のまま出てきます。ネジやバネはないので、部品探しや仕入れ、保管のコストも要らない。サイズ変更も数秒で、うんと安く済む。

この完全一体成形の製造手法を取り入れて、新しい義手やロボットハンドを作る研究を始めています。

本当は、大人も子どももジャストサイズの義手をつけられたらいいですよね。でも費用はひとつ百万〜数百万円もする。大人は2〜3種類から自分の手の大きさに近いものを選んで使っていますが、子どもは使っている間に、身体のサイズと義手のサイズが合わなくなってしまう。


今はひとつの義手にいろんな素材の部品が使われてますが、完全一体成形なら1種類の素材で部品も使いません。構造を工夫すれば、本来は硬い樹脂材料でもゴムのような柔らかさを再現したり、ばね鋼のような弾力性も再現できる。

完全一体成型の義手が実現したら、値段を気にせずジャストサイズを注文できる日が来るかもしれません。

「マス」よりも目の前の誰か


——高専時代に初めて義手を作ったんですよね。

小笠原:そうです。3Dプリンタでファッショナブルな義手を作っていたexiii(イクシー)という会社に高専5年からインターンで入って、卒業研究で義手を作りました。

もともと、誰かの役に立つものを作りたいと、高専の医療福祉工学のコースに入ったんです。

工学系は基本的に不特定多数の人たち、「マス」に広く影響を及ぼすことを期待された開発や研究が多いんですね。だけど僕は「マス」向けのものより、本当に困っている目の前の人にフルコミットしたかった。

そんなとき、尹祐根(ユン・ウグン)さんというエンジニアが、ある車椅子の人のために作ったロボットアームを紹介するテレビ番組を見たんです。当事者に向き合って制作しているのが印象的でした。僕も彼のようなものづくりのスタイルがいいなと思いました。

デザインを学ぶことで得た視点


exiiiでは、プロダクトデザイナーの小西哲哉さんたちと仕事をする中で、デザインの知識をたくさん学びました。特に、3DプリントドローンX VEIN(=下写真)の開発プロジェクトを一緒にやったことで、「デザインの力」を目の当たりにしました。どんなに優れた技術を盛り込んでもデザインがよくなけば注目されない。でもデザインがいいと、それなりの技術でも注目してもらえる、という現実です。


僕はエンジニアリングしかやってこなかった。デザインの視点で考えたことなんてなかった。ここで初めてそう気づいたんです。

—「デザイン」と「エンジニアリング」の視点の違いは?

エンジニアリングの視点も大事なんですが、そこだけ磨いても、ユーザーにとって本当に必要なものに行き着かないんですよ。技術を使いこなすことには長けるんですが、課題の抽出、それを解決するソリューションには届かない。

だから技術だけでゴリゴリに作ったものは、使いづらいことがよくある。

対して「デザイン」の考え方は、共感から始まり、当事者の話を聞きながら、彼らのニーズは、どんな背景や環境から生じているのかを把握するところから始まります。

「こういうのが欲しい」「こういうのが使いづらい」と、彼らがなんとなくつぶやく望みや不満を文字通り受けとるだけでは、本当のニーズは見えてこない。話を聞きながら、本人も気づいていない課題、メッセージ、SOSを読み取ってインサイトを得る。とても難しい作業です。

人に使ってもらうために本当に必要なものはなんだろう。どんなものなら使いたいと思うのか。技術だけでなく、エモーショナルな部分も加味した設計が欠かせませんし、その過程も美しいと思います。

デザインを深めようと独学を始めました。展覧会に通ったり、デザインの手法を調べたり。そのうち、気にも留めなかった風景が、意味を持つようになりました。

たとえば車の内装。いろんなパーツの全てのラインが整っていて、かつ美しいと思えるような曲線に統一されている。線の引き方ひとつとっても、表現が込められている。「この完成度はすごいな」と感じられるようになりました。

あわせて読みたい

「福祉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  3. 3

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  4. 4

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  5. 5

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  8. 8

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

  9. 9

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  10. 10

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。