記事

スマホはデジカメを駆逐しません

スマートフォンがデジカメを駆逐するだろうというブログがありました。確かに、スマートフォンで写真を撮る人たちの姿は増えた、というか、スマートフォンでなくとも、携帯にカメラ機能がついてから、花見のシーズンともなれば、観光地で携帯をかざして花を撮る人たちの姿は増えていました。またツイッターやフェイスブックに写真を載せようとすると、スマートフォンになってきます。だからデジカメは、スマートフォンに駆逐されるだろうという錯覚に陥ります。

スマホがデジカメを駆逐する日 - Mutteraway 時事問題 を語るブログ - BLOGOS(ブロゴス) :

デジカメは携帯やスマートフォンに代替されていくという話はずいぶん前からあった話です。しかし現実にはそうなっていません。携帯に大きなレンズをつける試みは、以前からLGなどの韓国のメーカーがやっていましたが、ことごとく失敗しました。理由は極めてシンプルで、大きなレンズをつけると携帯もスマートフォンもポケットに入りません。

市場を見るときに、ひとつはデジカメとスマートフォンが競合関係にあるという視点があります。もしあったとしてもそれが全面的に起るのか、部分的に起るのかでも大きく違ってきます。もし部分的にしか競合が起らないのなら、それぞれが棲み分けることになります。とくに写真の場合には、もうひとつの視点があります。携帯やスマートフォンはデジカメの潜在ユーザーを広げてきているという見方です。

そもそも、今では独身の若い男の人でも携帯やスマートフォンで写真を撮る姿をみますが、かつてはその世代の男性は、よほど写真好きの人たちしか写真を撮らなかったのです。結婚して、子供が生まれてやっと写真を撮り始めるというのが普通でした。携帯やスマートフォンは誰でも、いつでも、どこでも写真を撮るという習慣を普及させたのです。携帯やスマートフォンが代替したのは「写ルンです」が広げた世界でした。

最初はコンパクトデジカメの普及によって、また携帯やスマートフォンにカメラがつくことが普通になって、誰もが、身近な日常のシーンまで写真を撮るようになりました。レストランなどでも気に入った料理は写真を撮る時代です。つまり、シャッターを切る頻度、いわゆるショット数が膨大に増えたのです。

棲み分けられるもうひとつの要素は、写真の画質は、カメラのCCDの画素数や感度、また画像処理のアルゴリズムだけでなく、レンズ性能によっても大きく左右されるということです。つまり、レンズというアナログな要素と画像処理のデジタルをうまくつないでやっといい写真になるという世界です。もしすべてがデジタル技術で支えられていたら、デジカメも、他の情報家電と同じように世界市場で日本は敗北していたかもしれませんが、そうなっていません。

明るいレンズとなると、どうしても物理的にサイズが大きくなってしまいます。光学ズームにしようとすると、それを収めるスペースが必要となり、コンパクトさを求めるスマートフォンや携帯の設計とは矛盾してきます。アナログの世界なのでしかたありません。

だから、アタッチメントでレンズをつけると言っても、それなりのレンズをつけようとすると、先ほどのブログで紹介されていた写真のようにグロテスクなものになるわりに、機能的にはどうしても劣り、思ったような写真はそうそう撮れるものではありません。大きなレンズのついたスマートフォンでは、撮影時にカメラを支えるのが困難です。
そのアタッチメントを開発した人が、「こんなニッチな商品は、世界中で数百人ぐらいのユーザーしかない」と割りきって小さな夢にかけることは素敵なことですが、ニッチなガジェットでしかないのです。

デジカメといっても、コンパクトデジカメと、一眼レフのデジタルカメラがありますが、スマートフォンや携帯と境界があいまいなのは、コンパクトデジカメです。とくに気軽に写真を撮るという目的がかなり重なっている低価格のコンパクトデジカメや、特徴がないコンパクトデジカメは、スマートフォンや携帯のカメラと競合してきます。だからさらに低価格化が進みます。コンパクトデジカメのポジショニングについては問われていると思いますが、それでも棲み分ける領域はいくらでも残っています。

スマートフォンの写真で満足できる人はスマートフォンで撮ればいいし、またスマートフォンならではのシャッターチャンスもあるでしょう。スマートフォンの画質で満足できない人は、デジカメを使えばいいと思います。

そういったユーザーの選択肢が増え、写真になじむ人が増えてくると、しだいにいい写真を撮る人が増えてきます。フェイスブックなどに投稿された写真で思わず「いいね」ボタンを押してしまうものもあります。おそらく撮った写真を楽しむ市場はまだまだ進化し、また深化してくのではないでしょうか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  8. 8

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  10. 10

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。