記事

英ヘンリー王子「働いて経済的に自立する」と表明も警備費用約1億円は税金から?お騒がせカップルが公務縮小へ

1/2

イギリスのエリザベス女王の孫にあたるヘンリー王子(通称「ハリー」)とその妻メーガン妃は、8日夕方、インスタグラムのアカウントで、「高位王族の地位を退き」、「財政的に独立するよう努力したい」とする声明を発表した。英メディアは王子夫妻が公務から事実上「引退する」、と一斉に報じた。

▽「@sussexroyal」インスタグラムのアカウント

ヘンリー王子夫妻のインスタグラムのアカウント

エリザベス女王、チャールズ皇太子、兄のウィリアム王子はこのような声明を出すことを「聞いていなかった」ようで、新年早々、「お騒がせ」の大事件となった。

キャサリン妃の誕生日前日に発表

夫妻のインスタグラムでの声明文発表は午後6時半過ぎ。王室が「複雑な問題が絡むため、機能するには時間がかかる」といった短い見解を発表したのは、30分後だったといわれている。その衝撃度、狼狽ぶりが伝わってくる。本来であれば、もちろん、先に「このような声明文を出しますよ」と女王などに事前に伝え、王室側は周到に準備した「返答」を出すはずである。

もともと、先行したのは新聞報道だった。ヘンリー王子夫妻による声明文発表の直前となった7日、大衆紙サンが、夫妻がカナダに長期滞在予定であること、公務を大幅に縮小させることを「友人」の話として、スクープ報道していたのである。夫妻が故意にサンに情報を流したのか、あるいはサンに押されるようにしてインスタグラムで声明を発表したのかは、明らかではない。

9日は、実はウィリアム王子の妻キャサリン妃の誕生日だった。一家の情報を発信するケンジントン宮殿の公式インスタグラムのアカウントで、キャサリン妃はジーンズ姿の自然体の写真を公開した。

キャサリン妃の誕生日画像(公式インスタグラムのアカウントより)

ヘンリー王子夫妻の騒動で陰に隠れてしまった感のある、キャサリン妃の誕生日。偶然かもしれないが、ほかの王室のメンバーが話題を奪うことを許さない、いつもの夫妻らしい…と言ったら、言い過ぎだろうか。ちなみに、この画像には、ヘンリー王子とメーガン妃から「誕生日おめでとう」のメッセージが寄せられてはいるが・・・。

「経済的に自立」と表明しつつ警備費1億円は税金、国民からは批判の声も

クリスマスから年始にかけて、「公務を休みたい」として、北米に消えたヘンリー王子夫妻。夫婦の間でどんな会話があったのかは想像するしかないが、家族にとって、将来の1つの選択肢が見えてきたようだ。

クリスマスから年末にかけての、イギリス王室の恒例行事といえば、一家そろってサンドリガム宮殿でゆったりと過ごすこと。そこにヘンリー王子一家の姿はなかった。

そして、発表された英王室のある写真。そこには、エリザベス女王、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、王子の長男ジョージ王子の姿があった。王女からみて王位継承権順位3位までの人物である。

「女王の次はチャールズ、そしてウィリアム、その次はジョージですよ」とでもいいたげだった。

そして、今月8日夕方、ヘンリー王子夫妻は公務からの事実上の引退をインスタグラムで宣言した。

夫妻による公務経費の5%は、国庫から入る「王室援助金」であるが、残りは父親チャールズ皇太子のコーンウオール公領からの収入による。「財政的に自立したい」というヘンリー王子夫妻。

夫妻のウェブサイトによると、イギリスに戻った際には巨額な費用で改装したウィンザー城にある自宅に住み続け、年間9000万円近くとなる警護費用もこれまで通り負担してもらう形をとるという。

公務を減らし、国外(カナダ)での滞在を長期化しながら、王室のメンバーとしての地位を維持しようとするヘンリー夫妻に対し、保守系国民の目は厳しい。「富や特権を手放さずに、ほしいものだけを取っている」という批判である。

「ヘンリー王子夫妻の引退宣言を知り、ほっとした」

筆者は、ヘンリー王子夫妻の「引退宣言」を知り、ほっとした。これで、王子やメーガン妃の一挙一動に(以前ほどは)悩まされずに済むのかな、と思ったからである。アメリカあるいはカナダでの滞在を長期化させる予定であると聞き、「どうぞ、外国でお幸せにお過ごしください」と祝福したい気分である。

チャールズ皇太子の次男として生まれたヘンリー王子。兄ウィリアムがチャールズを継ぐため、自分には国王になる選択肢があるとは思わず、自由奔放に育った。

12歳の時に、パパラッチに生涯追われ続けた美しい母親ダイアナ妃をパリでの交通事故で失った。この時の悲しみはヘンリー王子の心に深い傷を残したといわれる。メディア嫌いになった、というのも、無理はない。

独身時代は数々の女性と浮き名を流したが、アメリカ人で女優のメーガン・マークルさんと出会い、2018年5月、ウィンザー城での華々しい結婚を実現させた。

Getty Images

しかし、メーガン妃との出会いはヘンリー王子を大きく変えていく。一人の女性が王室に様々な化学反応を引き起こし、女王やウィリアム王子との亀裂は、修復不可能なほどに大きくなっていったようだ。

「ファン」と私的につながろうとするヘンリー王子夫妻

慣習や伝統を重んじてきた、イギリスの王室。国民の支持があってこその王室である。エリザベス女王は私的感情を外に出すことを嫌い、王室の「神秘」を守ろうとしてきた。

しかし、時代は変わった。ヘンリー王子は離婚経験がある、アフリカ系アメリカ人のメーガン妃を伴侶に選んだ。「離婚経験者」、「アフリカ系」ということで、結婚前からバッシングにあったメーガン妃を守ろうと防御的になった、ヘンリー王子。

それがいかんなく発揮されたのが、初めての子供・アーチー君の出産の時だった。子供をどこで産むかをメーガン妃は公にしたくなかった。そこで、ヘンリー王子は妻のプライバシー保護に力を入れた。特定の病院で子供を産み、出産後はカメラの前で手を振る、ウィリアム王子の妻キャサリン妃とは正反対だ。結局、メーガン妃がどこで子供を産んだのか、最後まで公表されずじまいである。

王室には出産場所を公表する義務はないかもしれないが、国民はどこで生まれるかを知りたがる。ともに出産を喜びたいのだ。王室は国民の支持があってこそ、続くのである。エリザベス女王も、キャサリン妃もこれをよく知っている。

しかし、ヘンリー王子夫妻は国民と、いや、「ファン」と言った方が近いかもしれないが、「直接つながる」ことを好む。結局、出産の事実を公表したのは夫妻が設置したインスタグラムのアカウントだった。現時点で、フォロワーは10万人を超える。

母のダイアナ妃の経験もあったのだろうか、ヘンリー王子夫妻は自分たちなりにメディア報道を抑制することに、心を砕いた。その姿は、「国民に仕える、奉仕する存在としての王室」ではなく、著名人(セレブリティ)文化の実践者だった。

メーガン妃はもともと、著名人。結婚式に呼んだのも、俳優ジョージ・クルーニーをはじめとする数々の著名人やスターだった。ヘンリー王子は「王室(ロイヤル)」という属性を持つ、著名人のようになってしまった。いわば「著名人王族(セレブリティ・ロイヤル)」だ。

あわせて読みたい

「イギリス王室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    障害者マークのデザイン招く誤解

    古谷経衡

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。