記事

野村克也氏 ヤクルト高津&楽天三木新監督に期待できるワケ

ノムさんの新監督評は?

 南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任した野村克也氏(84)。今季はかつて指導したことのある5人が監督としてチームを率いることとなった。その5人とはヤクルト・高津臣吾、阪神・矢野燿大、楽天・三木肇、西武・辻発彦、侍ジャパン・稲葉篤紀の各氏だ。以下、名将・野村氏が、ヤクルトと楽天の新監督について語る。

 * * *

 投手出身でリリーフが長かった高津臣吾は、投手交代のタイミングがわかるという利点はある。が、基本的には投手出身の監督は視野が狭い。現役中は打者と捕手しか見ていないから、物事を様々な角度から見ることに不慣れだ。

 ただし、高津は選手から人気がある。私の教え子では珍しく(笑い)、人間性がいいのだろう。野球を熟知しているかは疑問符が付くものの、二軍監督からスタートしたという経歴は非常にいいと思う。大いに期待できる。

 もっとも私は、ヤクルトの監督は宮本慎也がやるものだと思っていた。彼は野球をよく知っているので、いい監督になると期待していた。宮本は歯に衣着せぬから誤解されやすいのかもしれない。私に似て世渡り下手なのかな。私も色々と口を出すタイプだが、最近の選手は皆、傷つきやすい。今の世の中では選手が傷つくようなことはあまり言わんほうがいいのかもしれないね。

 楽天の三木肇が監督になるとは思ってもいなかった。私がヤクルトの監督時代にドラ1で指名した選手だが、あまり記憶に残ってない(苦笑)。でも、高津と同様に二軍監督からの昇格というのは理想的。ヤクルトのコーチ時代には高卒入団の山田哲人を育てたというし、「名選手でなかった」ことが監督としてプラスに働くはずだ。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

あわせて読みたい

「野村克也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  7. 7

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  8. 8

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    緊急事態宣言へ 7都府県で1か月

    ロイター

  10. 10

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。