記事

日本の「赤いおもてなし」に白ける中国人の本音

1/2

中国は、赤い国旗や中国共産党がシンボルカラーに赤色を用いるなど、“赤”のイメージが強い。しかし、ジャーナリストの中島恵氏は「日本側がおもてなしとして用意した赤一色の装飾に白けるほど、中国人の色に対するイメージは変わってきている」と指摘する――。(第1回/全3回)

※本稿は、中島恵『中国人は見ている。』(日本経済新聞出版社)の一部を再編集したものです。


春節の1カ月ほど前から、中国の百貨店やスーパーに行くと、真っ赤な下着が大量に売られている - 撮影=中島恵

中国のお正月は部屋もお年玉袋も真っ赤

もうすぐ中国の春節(旧正月)。今年は1月24日から30日までの7連休となります。大みそかは24日、春節の1日目は25日ですが、実際にはその2週間以上も前から「春運」というお正月に帰省する人々の民族大移動がスタートしており、中国は早くも春節ムードに包まれています。

中国の春節といえば、日本人の皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 激しい爆竹の音や真っ赤な飾りつけ、大混雑する空港……、最近ではウィーチャット(中国のSNS)を介した紅包(ホンバオ)と呼ばれる「電子お年玉」が飛び交っている様子を想像する人もいるかもしれません。

日本の報道でも中国の「真っ赤」な飾りつけはよく目にします。中国で赤は財運や吉祥を表す「おめでたい色」とされるからです。そのため、長い間、さまざまな場面で多用されてきました。

2019年12月に発売した『中国人は見ている。』で詳しく紹介していますが、春節、結婚、開店などの「ハレの日」、中国では必ず赤いもので壁や柱を飾りつけます。中国語で赤色は「紅色」(ホンスー)といいます。結婚は「紅事」(ホンシー)、お年玉やご祝儀の袋は「紅包」(ホンバオ)、子どもが生まれたときに親戚や同僚に配る卵は「紅蛋」(ホンダン)といいます。まさに赤のオンパレードです。

この時期に大量に売られている「赤い下着」の謎

「紅」(ホン)という中国語には「人気がある」「順調」という意味があり、中国で人気のカリスマブロガーは「網紅」(ワンホン=ネットの人気者)と呼びます。

赤には古くから太陽の力、血液の力が宿っているとされ、邪気を払い、パワーをつけるという意味があります。中国共産党のシンボルカラーも赤。中国国旗は「五星紅旗」といい、赤地に5つの黄色い「五芒星」を配したもの。

日本でも中国といえば赤、というイメージが定着しているため、中国関連の書籍のカバーは多くが赤い装幀になっています。

中国から日本に伝わってきた風習として、日本人に身近なものといえば、還暦のときに着る赤いちゃんちゃんこがあります。干支が60年で一巡し、再び赤ちゃんに戻る、邪気を払うという2つの意味があるとされています。

一般的に、日本には邪気を払うために赤いものを着るという風習はありませんが、中国では年男、年女のときに赤い下着を着る習慣があるのをご存じでしょうか?

年男、年女はよくない年といわれ、赤い下着を身に着けることで悪いものが入ってこないようにするのだといいます。春節の1カ月ほど前から、中国の百貨店やスーパーに行くと、真っ赤な下着が大量に売られているのです。日本人が見たら、ちょっとびっくりするかもしれません。

「恥ずかしいしダサい」という一方、「無病息災だった」の声も

中国各地の友人に聞いてみると、どの地方でもたいていある習慣だそうですが、どのくらいの期間、赤い下着を身に着けるかは、かなり個人差があるという話でした。

「春節の期間中だけは毎日着ていました」と話してくれたのは上海在住、河南省出身の40代の女性。

「真っ赤な下着なんて恥ずかしいし、ダサいし、あまり気が進まなかったけれど、河南省の母親が買って待っていてくれたので、帰省している間だけ我慢して着ていました。そのあと、上海に戻ってからはもう着ていません」とのこと。

広東省在住の40代の女性は「赤い下着なんてまったく着なかったし、一枚も買いませんでした。あれはただの“迷信”ですよ。でも、父母の世代はけっこう気にしますね。父はもったいないからと、年男じゃなくなっても着ていました」と話していました。

一方、北京在住の男性は「年男の間はけっこう着ていました。おかげで無病息災でしたよ。でも、夏場は薄着になるから、着にくいですね(笑)」と振り返ります。百貨店やスーパーで大量に販売されているところを見ると、多くの年男、年女、あるいはその家族が今でもこの風習を守り、赤い下着を購入していることがわかります。

ところで、中国ではこれほど赤が多用されていることが海外にも伝わり、日本でも町の中華料理店などでは、赤がよく使われています。日本だけでなく、欧米のチャイナタウンなどでも同様で、中華料理店といえば赤い装飾、というのは世界共通の決まり事のようです。

「日本ではちょっと誇張され過ぎな気が……」

しかし、私が取材したある30代の中国人は「日本ではちょっとそれが誇張され過ぎているような気がするのですが……」と耳打ちしてくれました。

その中国人によると「もちろん、中国でも春節などの時期は赤い飾りつけだらけになります。それは事実ですが、それ以外では、実はもう、あまり赤色を使わなくなってきています。たとえ使うとしても、もう少し洗練された雰囲気に変化してきているんですよ」といいます。

確かに、上海などのおしゃれな中華料理店に行くと、日本の町の中華料理店などで見かける赤いちょうちんや赤いテーブルなどは一切ありません。むしろ、黒と白を基調にした調度品や、暗い照明が多かったりします。

中国人の「色」に対するイメージや使い方は、社会の成熟化とともに変わってきているようなのです。

たとえば、都市部の結婚式を見てみると、西洋にならい、かなり以前から花嫁は純白のウエディングドレスを着るようになりました。赤い生地の伝統的な衣装、旗袍(チーパオ=チャイナドレス)も着ますが、それはどちらかというとお色直しで着ることが多く、都市部の若い女性の間では、断然、白いドレスのほうが人気です。

中国ではもともと白は縁起が悪い色でした。かつて日本も同じでしたが、白は悲しみを表す色で、葬儀のときに着用するものでした。ですが、西洋化の波に乗り、今では中国人もおめでたい席で白を着ることにまったく抵抗がなくなりました。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  6. 6

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  7. 7

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  8. 8

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  10. 10

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。