記事

テレビ時代の終焉と動画時代の新問題

昨年の秋から準備を進めていたのだが、昨日、ようやく公に発表することが出来た。
インターネットの動画配信で「岩田温大学」というものを開設した。

現在の学生たちはテレビをほとんど見ない。学生だけでなく、社会人でもテレビを見ないという人が増えている。下宿先にテレビを置いていないという学生も少なくない。私が学生だった頃は、自宅にテレビがないのは私だけだったので、隔世の感がある。多くの人々がテレビではなく、動画をみる時代に入った。

明らかに少数のテレビ局のみが情報を発信するという「テレビ支配」の時代が終わりつつあるといって過言ではない。

ただし、こうした「動画時代」に問題がないわけではない。質の悪い動画をみて「教養が身についた」などと誤解している人も数多いのだ。驚くほど無知蒙昧な議論がまるで真理のように語られているのを目にすると、空恐ろしい気分になる。

インターネットの情報は玉石混淆といわれる。確かにその通りだ。石は叩いても、叩いても生じてくるので、玉を増やすような努力が必要だろう。そこで考えたのが、会員制の動画サイトだった。幸いなことに、私は全国各地で講演会に呼ばれたり、勉強会を開催したりしている。この動画を全て、全国各地で真に学びたいと思っている方々に提供したいと考えた。

勿論、私自身の講演を「玉」と捉える人もいるだろうし、「石」だと思う人もいるだろう。それは各自の判断だ。少なくとも私は一つ一つの講義、講演を全力で取り組んでいる。たった一冊の参考文献、しかも、分かり易さが売りで杜撰な解釈を繰り返すような類のテレビ男(ジャーナリストといっているが、そのレベルには及んでいない)の本を読んで、全てを知ったつもりになるような愚を犯してはいない。

講義、講演は1時間程度で、網羅的に15回講義を行うものも準備している。例えば、「戦後政治史」などは小学校から高校で学んでいるレベルでは到底、理解できない。ポツダム宣言の事実、憲法制定過程等々、日本人が常識として知っておくべきことがほとんど理解されていないのが現実だ。こうした状況を突破するために、ささやかでも努力をしていきたいと考えた。

私は政治家ではないから、現実政治を動かせるわけではない。しかし、言論人である限り、全ての媒体で情報発信をしていく必要がある。そこでこの「岩田温大学」を作ることにした。蟷螂の斧の類であることは理解しているが、私の座右の銘は「一隅を照らす」。「一隅を照らす」ための努力を続けていきたい。

是非とも、皆様のご入学を心よりお待ち申し上げます。



岩田温チャンネルは無料で、毎日19時に更新しております。チャンネル登録の上、ご覧ください!

あわせて読みたい

「動画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。