記事

スタバが「タピオカは入れない」と断言するワケ

1/2

2019年に一大ブームを巻き起こしたタピオカ入りドリンク。専門店だけでなく大手コーヒーチェーンも導入するなか、最大手のスターバックスは「タピオカ入りの商品をつくる予定はない」という。なぜなのか。経済ジャーナリストの高井尚之氏がスタバを直撃した――。


新商品の「あずき きなこ わらびもち 福 フラペチーノ」。1月16日まで販売している。 - 提供=スターバックス コーヒー ジャパン

2019年流行語・ヒット商品の“顔”に

2020年の年が明けた。まずは昨年、話題を呼んだ現象を紹介したい。

飲食業界においては「タピオカ」ブームだろう。年末、メディアでは恒例の、(1)ユーキャン「新語・流行語大賞」のノミネート語、(2)「2019年ヒット商品ベスト30」(日経トレンディ2019年12月号)、(3)「日経MJヒット商品番付」などが発表された。

タピオカに関しては、(1)が「タピる」(タピオカドリンクを飲む、の意味)でトップ10入りし、(2)は2位にランクイン。(3)は西の大関に選出された。

このタピオカと近しい分野の人気商品がある。スターバックスの「フラペチーノ」だ。今回はその横顔を紹介しつつ、消費者心理の視点から両者を考えたい。

甘いフラペチーノに塩味のポテチが入っている

以前より特別感がなくなったが、「年末年始」は世の中が華やぐ時季だ。2019年12月、相次いで2種類のフラペチーノが、スターバックス コーヒー ジャパンから発売された。


新商品の実物。同社では初めてわらびもちを使用している。(撮影=プレジデントオンライン編集部)

・「サンタブーツ チョコレート フラペチーノ」
2019年12月4日から12月25日までの限定販売。690円+税。515キロカロリー

・「あずき きなこ わらびもち 福 フラペチーノ」
2019年12月26日から2020年1月16日までの限定販売。590円+税。506キロカロリー

クリスマスを意識して発売されたのが前者で、主に正月を意識したのが後者だ。

「12月は『今年頑張った自分にごほうび』という思いを持つ人も多いのではないでしょうか。『サンタブーツ チョコレート フラペチーノ』は約2年かけて開発した商品です。商品名は、長靴に入ったお菓子セットから名づけました。チョコレート、クッキー、ポテトチップ、といったお菓子を詰め込んだ、サンタブーツをモチーフにしたフラペチーノです」


コーヒー&ビバレッジ部ビバレッジ商品開発チームの中島史絵チームマネージャー(撮影=プレジデントオンライン編集部)

こう説明するのは、中島史絵さん(コーヒー&ビバレッジ部ビバレッジ商品開発チーム チームマネージャー)。埼玉県さいたま市などの店舗勤務を経て、2006年からビバレッジ(飲料)開発の仕事に携わり、多くのフラペチーノ商品も開発してきた。

すでに販売を終えた前者の商品で、目新しいのは細長く刻んだポテトチップだ。

「塩味をポテトで表現したのは店舗パートナー(従業員)の話からアイデアを得ました。お店のポテトチップを自分で買い、休憩時間にドリンクに使うチョコレートソースをかけて食べると聞いたのです。クリスマスをイメージした細長いクッキーのストローもつけました」(中島さん)

これらを商品企画に結びつけられるのも、店舗の勤務経験でイメージがわくからだろう。

新商品はわらびもちが入った和テイスト

一方、12月26日に発売されたのが前述の「福フラペチーノ」だ。

「令和時代になって初めての年末年始で、10月には新天皇の『即位の礼』もあり、古式ゆかしい装束を目にされた方も多いと思います。2020年は東京五輪の年ですし、改めて『日本の文化はいいな』と思えるような和テイストのフラペチーノにしたのです」


コーヒー&ビバレッジ部ビバレッジ商品開発チームの東治輝氏(撮影=プレジデントオンライン編集部)

東治輝(ひがしはるき)さん(同チーム)はこう話す。中島さんとともに商品開発を担う東さんは、3年前に国内の大手洋菓子メーカーから転じた。前職での経験も踏まえながら、開発業務を行う。

この商品は「当社初の、もちもち、ぷるぷる食感のわらびもちを使いました」。フラペチーノはドリンクの側面もあれば、スイーツの側面もある。スイーツ業界では素材を含めて和菓子と洋菓子の境目が低くなっているが、そうした両面を体現した商品といえよう。

境目といえば、夏の売れゆきが圧倒的だったフラペチーノも、コンビニやスーパーで買える家庭用アイスクリームと同様、「秋冬」の売り上げが増えてきた(比率は非公開)そうだ。

あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  8. 8

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  9. 9

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  10. 10

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。