記事
  • ヒロ
  • 2020年01月10日 10:58

日本の未来、成長維持できるのか?

1/2
元FRB議長のアラングリーンスパン氏が日経のインタビューの中で日本の成長について一言述べています。
「日本もダイナミズムを失っているが、それは米欧とは異なる別の問題がある。日本は既に人口が減少に転じており、成長率が一段と抑えられている。資本主義システムの面で日本は(技術の革新力などで)まだ力強さを残していると思うが、人口問題がそれを打ち消してしまっている。マネーが社会保障制度に吸い上げられてしまい、民間投資が押しのけられてしまう構造だ。日本は米国以上に深刻だ」
そのあとに
「私は率直に言って、日本のデータを注視している。なんらかの含意があるのではないかと考えている」
と述べています。含意とは「表面に現れない意味を含みもつこと」(コトバンクより)ですから80年代までの高度成長から急速に変わった日本の立ち位置には深い意味があるのだろうとお考えのようです。

グリーンスパン氏の指摘は究極的には正しいと思いますが、日本はまだまだ対策を打ち出せるのにそれを十分に打ち出せていないと私は考えています。

人口減は経済の活力上は確かにマイナス要因でありますが、日本の労働生産性の低さはOECDで36カ国中21位、先進国では最低であります。カナダから日本に行く度に思うのは都市部にはものすごい数の人がいるけれどちょっと外に出ると人の動きが極めて少ない点であります。地方に行けば住宅はあるけれどそこに住む方々の年齢層はアクティブ層とは思えないけれどやむなく仕事をしている方も多いというのが実態ではないでしょうか?

私はここに焦点を当てれば案外日本の成長は維持できる方法はあるとみています。確かに人口はどんどん減っています。19年12月時点で総人口は前年比28万人マイナスの1億2600万人、19年7月時点で15-64歳の生産年齢人口は39万人減の7500万人、一方65歳以上が33万人増の3600万人であります。明らかに高齢化が進んでいます。生産年齢人口も今後やや加速しながら減っていくでしょう。(年間の出生者数が19年で90万人割れですから15-64歳の50年分を掛け合わしても単純計算で4500万人にしかならないのです。)

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。