記事

1月9日(木)ムネオ日記

 今日は中川一郎先生のご命日である。11時、代々木のお寺にお参りに行く。お坊さんがわざわざお経を挙げて下さった。

国政への復帰報告、中川一郎先生のお陰で政治家としての道を歩めたことに心から感謝する。51年前、秘書になったことを想い出し、感慨無量だった。

 昨夜10時から、カルロス・ゴーン氏の記者会見。夜中1時半にトランプ大統領の声明発表と、眠れない時間帯だった。

 カルロス・ゴーン氏が、何か新しいことを話すのかと期待していたが、人質司法批判で終わってしまった。

 トランプ大統領の声明には、世界が固唾を呑んでいたと思うが、極めて冷静な大国としての対応であった。

 イランが攻撃をすればただちに反撃すると言っていたトランプ大統領だったが、ミサイルを米軍基地に撃たれたが、報復攻撃はせず「追加的経済制裁を科す」と述べた。

 トランプ大統領の判断には、米国のインテリジェンスが大きな役割を果たしているのではないかと受け止めながら、先ずは世界中がホッとしたことだろう。米国のトップリーダーの重みを改めて感じさせた場面である。

 14時半より安倍総理に今年初めてのご挨拶をする。「中東情勢、日露関係、内政」等々、種々教えて戴いた。

特に日露関係の更なる発展、深化、領土問題解決、平和条約締結について強い決意と覚悟を感じ、今年は新しい歴史が作られると確信した次第である。
 何よりもお元気で、歳を取らない安倍総理である。この「気」が、国益に繋がると改めて明るい気持ちになった。

※本日1月9日、宝島社から「人生の地獄の乗り越え方 ムネオを救った30の言葉」という私の本が発売されました。1300円(税別)です。是非、ご一読戴ければ幸いです。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村さんの遺体写真を投稿し賛否

    AbemaTIMES

  2. 2

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  3. 3

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  4. 4

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  5. 5

    宗男氏 辻元氏の質問は意味ない

    鈴木宗男

  6. 6

    前夜祭 安倍首相の答弁は苦しい

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    ANAホテルが称賛されるおかしさ

    女性自身

  10. 10

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。