記事

ヘンリー王子・メーガン妃“セミ移住”宣言にカナダ国民は歓迎

(写真:ロイター/アフロ)

英王室のヘンリー王子とメーガン妃が高位王族としての地位から退く意志を公表し、世界中に衝撃が走っている。今後は財政的な独立を目指しつつ、エリザベス女王のために働いていくという。また、1年の半分ずつを英国とカナダで過ごすとのことだが、この突然の”セミ移住”宣言を、カナダの人々はどう捉えているのだろうか。英BBCがカナダの街頭でインタビューを行った。

若い女性は「幸せでいるためにやるべきことをやるんでしょ? それが家族にとって最良の選択だと考えているなら、彼らの人生だしいいんじゃない?」とポジティブな回答。

男性陣も、「僕らはイギリス連邦の一員だし、カナダは最高の国だよ。彼らは賢い」「カナダの人にとってはエキサイティングなことだと思うね。会うのが楽しみだよ」と歓迎の意を示した。

「彼らは素敵なカップルだし、あっちほどパパラッチに悩まされることもないと思う」と、英国の行き過ぎた報道合戦を持ち出し、チクリと皮肉る女性も。

チャールズ王子の次男で王位継承権第6位のヘンリー王子と米国生まれのメーガン妃夫妻は、出産にまつわるイベントをはじめ、記念日の過ごし方などで王室の伝統を踏襲しない我流を貫いてきた。そんな夫妻のスタイルについて、英国内のメディアは、公人でありながらプライベートを優先させすぎではないかと国民の悪感情を煽り、エリザベス女王や兄ウィリアム王子夫妻との確執を書き立ててきた。

悪意ある報道、止むことのないパパラッチの来襲に、ダイアナ妃の悲劇が繰り返されるのではと危惧する声も多かっただけあり、王室からの離脱は離婚せずにストレッサーから距離を置く唯一の方法かもしれない。

王位継承者に不足のない現状で、王室はスリム化を図るべきとの声も強く、王室メンバーが財政的な自立を果たせば英国民にとっては税金の投入先が減ることに繋がる。今回の発表は、驚かれつつも各方面に概ね好意的に受け取られているようだ。

あわせて読みたい

「イギリス王室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  2. 2

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  3. 3

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    日本版CDC創設を阻む厚労省の罪

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  8. 8

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ミスコンはもう全大学で中止せよ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    地方疲弊 地域手当制度の撤廃を

    海野隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。