記事

アメリカとイラン 二つの正義の衝突

アメリカのトランプ大統領の命令で、イランの革命防衛隊の「コッズ部隊」を率いるソレイマニ司令官が殺害され、両国の緊張が一気に高まった。

この現象を単純に「他人を殺してはなりません」という市民道徳レベルで解釈するのは誤っている。

政治という現象が興味深くもあり、残酷でもあると思うのは、正義がひとつではないからだ。二つの正義が衝突する所に政治の難しさがあるといってよい。

ソレイマニ氏はイランの立場から見れば、「司令官」であり、「英雄」であろうが、アメリカの立場からみれば「テロ組織を率いるテロリストの親玉」ということになる。私にはどちらが正しいと判断することが出来ない。ただ、自由と民主主義、そして基本的人権を尊重する日本国民としては、アメリカの立場に立たざるをえないと「政治的に」判断するだけだ。私はイスラム教徒でないし、ましてやシーア派ではない。従って、彼らの論理に従うことは出来ない。しかし、絶対的に自由と民主主義が正しいと断言することは出来ない。「リベラル」の人々は「自由と民主主義」を普遍的な正義と信じ込むが、その態度はいささか傲慢だ。自由と民主主義を尊重せず、自らの信じる神の命に従って生きるという立場があることは否定できない。

日本では誤解している人も多いが、他者の論理を理解することは、他者の論理に従うことを意味していない。その論理を理解するが故に、その論理には従わないということもありうるのだ。

例えば、私は元日本共産党院でジャーナリストの篠原常一郎先生と『なぜ彼らは北朝鮮のチュチェ思想に従うのか』という本を出版させていただいた。本書では北朝鮮の人民を統治する狂気じみた主体思想の論理、そしてその論理に従って、日本国内で活動する人々の実体について書いたが、私も篠原先生も主体思想の信奉者ではない。異形の国家、北朝鮮の行動を理解するためには、彼らの論理を知ることが必要だと考えるから、この思想を調べたのだ。

イスラム教徒でない私としては、イランの行動を支持することはできない。ただ、彼らの論理を調べておくことは必要だと考える。

イランとアメリカの関係については下記の動画で紹介しましたのでご覧ください。



イスラム教の論理を知るためには、飯山陽先生の『イスラム教の論理』『イスラム2.0』を読むことが最も有益です。この二冊については下記の動画でご紹介させていただきました。



岩田温チャンネルは毎日19時に更新しております。是非ともチャンネル登録を宜しくお願い申し上げます。

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。