記事

北海道IRの終焉 船橋利実議員はが100万円を受領 高額な選挙での陣中見舞いに「寄付」も「貸付」でも誰も納得しない

 北海道のIRに絡む汚職で名前の上がっていた船橋利実議員(自民党)は、いよいよ中国企業側が言うところの「100万円」を受領した事実を認めました。

 但し、それは別の観光会社からのもので中国企業からのものではないという主張です。
船橋氏100万円寄付不記載 観光会社側から 中国企業側も同席か」(北海道新聞2020年1月8日)

「船橋氏が後志管内留寿都村でリゾート施設を運営する札幌の観光会社幹部から現金100万円を受け取ったが、寄付として政党支部の政治資金収支報告書に記載していなかったことを明らかにした。」
 それが議員個人からの「貸付」で処理されていたという説明も見苦しい限りで、その100万円の出所がどこであるのかを議員本人が承知していたからにほかなりません。

 それとも自民党議員にとっては100万円の寄付は、はした金なのでしょうか。かつて東京都知事だった猪瀬氏はとある病院から5000万円を選挙資金に受け取っていたことで辞職しましたが、このときは「貸付」(議員本人ではなく、とある病院からのもの)であり、それを政治資金としての記載がなかったということで有罪判決を受けました。

 今回の場合には議員からの「貸付」であり、100万円の直接の受領者は議員個人です。それを記載していなかった、他の「貸付」とした400万円と一緒に渡したから、担当者が「誤解」していたというのは説明としては最悪で、もはや議員辞職すべき状況です。

 維新の会の下地幹郎氏に対しては、当人が100万円の受領を認めていたことから、当初から松井一郎代表が厳しい姿勢で臨んでいましたが、それでも自民党側の対応は鈍すぎるのはいつものことですが、IRというギャンブル(賭博)を推進するためのカネでしかないのだから、1人の議員(今回は5人)の問題ではありません。

 中村裕之議員は、どうなんでしょう。受領を明確に否定しているようですが、しかし、観光会社さえ「中継」すれば問題ないということにはなりません。

 賭博という世界の中でカネだけが動くということがそのまま政界にも流入しているかのごとくです。

 IR疑惑事件は、北海道では未だ苫小牧市などIR参入だと言い、鈴木直道知事が積極的に再誘致を表明した矢先でした。

 これでもなおIRを粛々と推進しようとしているのが安倍政権です。
カジノ管理委発足 菅官房長官「準備進める」」(朝日新聞2020年1月8日)

「IRの事業者を規制・監督する「カジノ管理委員会」が7日、内閣府の外局として発足した。IR事業をめぐる汚職事件を受け、野党はIR整備に向けた手続きをいったんやめるべきだと訴えるが、政府は2020年代半ばの開業をめざしてスケジュール通りに進めていく構えだ。」
 安倍政権にはどんな大きな見返りがあるのでしょう。

 米国の言うことだけを聞いているだけ、とも思えますが、この政権は一度、動き出すと立ち止まるということを知りません。

 船橋氏は、選挙のときは福祉破壊の自民党の顔ではなく、孫に接する顔で有権者を欺し、その内実は100万円をポケットに入れていました。

北海道1区 船橋利実氏(自民党)の広報ビラ 改憲、憲法の文字は全くなし 今までの自民党によって福祉が破壊されたことの反省なしで孫をダシに使う

[画像を元記事で見る]
びわこ競艇で八百長か 容疑で元選手ら逮捕―見返りに300万円・名古屋地検」(時事通信2020年1月8日)

あわせて読みたい

「IR汚職事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。