記事

中国の肺炎患者から「新型コロナウイルス」 ワクチン開発に数年を要する可能性も


 湖北省の武漢で感染が拡大していた原因不明のウイルス性肺炎について、中国の国営メディアは新型のコロナウイルスが検出されたと伝えた。

 武漢では先月から、発熱や呼吸困難などの症状を訴える原因不明のウイルス性肺炎の感染が拡大し、今月5日時点で患者は59人にのぼっていた。中国中央テレビは9日朝、現地入りしていた専門家チームが患者から「新型コロナウイルス」が検出されたと発表したことを伝えた。

 コロナウイルスは主に呼吸器や腸に影響を及ぼすもので、専門家チームによると今回の新型コロナウイルスのワクチンの開発には数年を要する可能性もあるということだ。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

中国で原因不明のウイルス性肺炎が…当局はSARS否定

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  6. 6

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  7. 7

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  8. 8

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  10. 10

    USJ・ディズニーが臨時休園発表

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。