記事

宅配便の「待ち時間ゼロ」が共稼ぎを救う理由

1/2

宅配便の配達を待つ時間がもったいない――。そう感じたことがある人は多いはず。再配達も時間指定の幅がありますし、集荷も待ち時間があります。そうした待ち時間を解消してくれる便利な宅配ボックスが登場。市場規模の拡大が予測されています。
高額でも買いたい人が多い背景には、“便利だから”“自分がラクになれるから”だけではない深い理由が隠されていました。令和時代の新型消費について、マーケティングライターの牛窪恵さんが解説します。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/AlessandroPhoto)

家事負担は、社会問題だ!

「ワンオペ」「家事シェア」「名もなき家事」……、ここ数年、家事・育児関連の新たなキーワードが登場し、話題を呼んでいます。ご存じかと思いますが、念のため補足しますね。

ワンオペは、仕事や家事、育児のすべてをひとり(おもに妻)が回す(オペレーションする)こと。家事シェアは、家事や育児を「見える化」することなどにより、夫婦が家事を分担・共有(シェア)すること。そして名もなき家事は、ゴミの分別やトイレットペーパーの補充といった、細々とした「名もなき」作業のことを指します。

これらは近年、共働き夫婦が増える一方で、まだまだ女性(妻)に家事・育児が集中する家庭が多いことから、「もう限界!」「なぜ夫や家族は、分かってくれないの?」といった、妻たちの悲痛な声を象徴しているかのよう。

ちなみに、6歳未満の子を持つ夫婦の家事・育児関連時間の「国際比較」でも、日本の妻は圧倒的に家事・育児時間が長く(合計7時間34分/日)、逆に、夫は調査国中、最もその時間が短い傾向にあります(合計1時間23分/日)(2016年 総務省ほか調べ)。

そんななか、今年新たなキーワードになりそうなのが「待ち受け家事」です。

待ち受け家事とは

待ち受け家事とは、多くの女性が「やりたいことがあるのに、ジッと待たなければいけない」といった家事のこと。例えば、洗濯物を干すために洗濯機が終わるまで待つことや、子どもの食事が終わるまで洗い物をせずに待つこと、そして「宅配便」の配送や受け取りを待つ時間などです。

LIXILのスマート宅配ポスト

この言葉を初めて提唱したとされるのが、LIXIL(以下、リクシル)。きっかけは、従来の「宅配ボックス」に、IoT(Internet of Things/モノのインターネット化)技術を組み込んだ、「スマート宅配ポスト」の存在。具体的には、同宅配ポストを世に浸透させる段階で行った、独自調査等にあったといいます。

「同商品(サービス)をPRしていくにあたり、われわれは30~40代の既婚女性300人にアンケート調査を行いました。すると令和の時代、新たに解決しなければならない家事は、夫婦どちらが分担(シェア)するか、見えない家事をいかに見える化するか、といったことだけでなく、普段は家事としてカウントされにくい『時間』にあることに気づいたのです」(リクシル エクステリア事業部・向中野雄彦さん)

8割以上が待ち受け家事をしている

リクシルが「待ち受け家事」と想定したのは、先の「宅配便の配送・受取を待つ時間」のほか、同じく既述の、洗濯関連や子どもの食事関連、そして「配偶者の帰宅を待つ時間」「スーパーマーケットなどでのレジを待つ時間」、あるいは「子どもの習い事や塾などが終わるのを待つ時間」など。

待ち受け家事の経験

すると、回答者の8割以上(83.4%)は、いわゆる待ち受け家事の経験が「(よく+たまに)ある」と回答。そのうち、「ストレス」を感じる女性が圧倒的に多かったのが、「宅配便の配送・受取を待つ時間」(52.3%)だったといいます(19年 リクシル調べ)。

「現代社会においては『時間』こそ、お金に代えがたい貴重な存在」だと向中野さん。

「にもかかわらず、宅配便にとって『時間』は、切っても切り離せない関係にある、厄介な存在。本来、やりたいことがあるのに、家で宅配便をジッと待たなければいけない……、そんなストレスを、家族の中で一手に背負っているのが、忙しい現代の主婦や共働き女性だと気付きました」

複数個の荷物の受け取りにも対応

では、そんな女性たちの悩みを解決すべく、18年10月にリクシルが全国発売を開始した「スマート宅配ポスト」とは、どんなものなのでしょう。


同商品(サービス)は先の通り、従来の戸建用宅配ボックスに「IoT技術」を組み込んだ、業界初のIoT宅配ボックス。「IoTを組み込むことで、ユーザーのさまざまなニーズを満たす機能を付加することができました」と向中野さん。

複数個の荷物の受け取りや、荷物の集荷依頼などが、その代表例です。

例えば、一般的な宅配ボックスでは「1つの荷物が投函されていると、その次(2つ目以降)を投函しにくい(またはできない)」といった悩みがあります。

後者の「集荷」についても、依頼だけなら宅配業者のサイトを通じて行えるものの、いざ荷物を渡すとなった際が面倒。「14時~16時の間」など、宅配便の担当者が来る予定時間には幅があり、それまでの間、どうしても先の「待ち受け家事」が発生してしまいますよね。

留守中でも集荷してもらえる

ところがスマート宅配ポストは、利用者の「スマートフォン」と連動。宅配業者のサービスを利用すれば、あらかじめ同宅配ポストに荷物を入れて宅配業者専用のパスワードを設定しておくことで、留守中でも集荷してもらえる仕組みです。

また、複数の荷物受取についても、IoTとスマホをフル活用。仮に、1つ目の(既に宅配ポストに入っている)荷物と2つ目の荷物の宅配業者(やその担当者)が違っても、宅配ポストの所有者が外出先からスマホで解錠すれば、2つ目の荷物を投函できるとのこと。

ちなみに、この商品のボックス部分は、2リットルのペットボトル6本入りが2ケース収まる、大容量サイズ(重さは30kgまで)。縦横それぞれ約33センチまで、高さ約46センチまで収納可能だそうです。

あわせて読みたい

「LIXIL」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  7. 7

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。