記事

米国対イラン どちらもギリギリを責める それが外交 この戦いができない自民党以外の野党

米国のソレイマニ暗殺事案に対して、イランが行った報復空爆。日本含めて株価は大きく変動しました。そしてアメリカの報復が否定できないと考えられた後のトランプ大統領の

「軍事力は行使したくない」

という演説は米国の株式に安心をもたらしています。おそらく今日の日本も落ち着くでしょう。

このような外交というギリギリの戦いを考えず、すぐにみてくれだけで自衛隊中東派遣をやめろという野党。本当この国を任せてはいけないということをまさに露呈しています。

IR疑惑とか医療政策における自民党は正直嫌いです。ただこの日本国民を守る一番大事な外交政策をみていると、野党にはやはり任せられないと感じてしまいます。

いくら医療だけをよくしようとしても、水含めたインフラ整備には勝てない。中村哲先生の行動をちゃんと理解しましょう。

あわせて読みたい

「外交」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  3. 3

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  4. 4

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  7. 7

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  8. 8

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  9. 9

    円安加速でも消費税廃止訴えるか

    青山まさゆき

  10. 10

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。