記事

米国対イラン どちらもギリギリを責める それが外交 この戦いができない自民党以外の野党

米国のソレイマニ暗殺事案に対して、イランが行った報復空爆。日本含めて株価は大きく変動しました。そしてアメリカの報復が否定できないと考えられた後のトランプ大統領の

「軍事力は行使したくない」

という演説は米国の株式に安心をもたらしています。おそらく今日の日本も落ち着くでしょう。

このような外交というギリギリの戦いを考えず、すぐにみてくれだけで自衛隊中東派遣をやめろという野党。本当この国を任せてはいけないということをまさに露呈しています。

IR疑惑とか医療政策における自民党は正直嫌いです。ただこの日本国民を守る一番大事な外交政策をみていると、野党にはやはり任せられないと感じてしまいます。

いくら医療だけをよくしようとしても、水含めたインフラ整備には勝てない。中村哲先生の行動をちゃんと理解しましょう。

あわせて読みたい

「外交」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。