記事

自衛隊の中東派遣・・閣議決定の前提が崩れている

米国とイランの対立から中東情勢が緊迫の度合いを増しています。状況は大変深刻なレベルにあると私は思います。各国が最大限の外交を通じた働きかけを通じて、事態の鎮静化を図るべきです。

12月末に安倍政権が閣議決定した、中東への自衛隊の派遣に関しては、このような状況であるにもかかわらず、政府は変更せず、というスタンスです。

安倍総理自身の11日からの中東歴訪をも慎重に考えざるを得ないような状況。さらには、派遣を決めた際の閣議決定文にはその当時の中東情勢に関する評価が記されていますが、それは今となっては全く異なったものになっていると言わざるを得ません。

そうであるにも関わらず、自衛隊の派遣だけは強行するというのは、理の通る話ではありません。

安倍政権自身も、冷静に事態を見極め、今一度自衛隊の中東派遣に関しては再考するべきです。

あわせて読みたい

「中東情勢」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。