記事

ゴーン氏が語った 「日本メディア会見締め出し」の理由

ゴーン氏の会見は休憩を挟んで2時間以上に及んでいる

キャロル夫人は休憩中、笑顔で談笑していた

ゴーン氏は熱く語り続けている

 レバノンに出国した日産の元会長カルロス・ゴーン氏の会見は、日本時間1月8日22時から始まり、休憩を挟んで2時間近くにわたって行われている。本誌・週刊ポストとNEWSポストセブン合同の取材班は質疑応答でゴーン氏に質問する機会を得た。

【写真】キャロル夫人は休憩中、笑顔で談笑していた

 現在、会場に入っているメディアは全世界の約80媒体、120人ほどとされているが、その中で日本メディアは朝日新聞とワールドビジネスサテライト(テレビ東京)、そして週刊ポストとNEWSポストセブン合同の取材班の3媒体のみだ。

 本誌記者が「この会見の場に日本のメディアがそれほど多く集っていないことに驚いている。なぜ一部のメディアしか招かなかったのか」と問うと、ゴーン氏はこう答えた。

「私は日本のメディアを差別しているわけではない。また、日本のメディアだけ締め出したわけでもない」

「正直に言って、プロパガンダを持って発言する人たちは私にとってプラスにはならない。また、事実を分析して報じられない人たちは私にとってはプラスにならない。ここには、BBC、CBS、NBCなど多くの国際的なメディアを招いた。こうしたメディアは、客観的に報道することができると考えたからだ」

 ゴーン氏はそう語った上で、「日本のメディアをすべて招くことができなかったことも確かです」と付け加えた。

◆取材協力/宮下洋一(ジャーナリスト)

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  5. 5

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  6. 6

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  9. 9

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  10. 10

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。