記事

ゴーン氏が語った 「日本メディア会見締め出し」の理由

ゴーン氏の会見は休憩を挟んで2時間以上に及んでいる

キャロル夫人は休憩中、笑顔で談笑していた

ゴーン氏は熱く語り続けている

 レバノンに出国した日産の元会長カルロス・ゴーン氏の会見は、日本時間1月8日22時から始まり、休憩を挟んで2時間近くにわたって行われている。本誌・週刊ポストとNEWSポストセブン合同の取材班は質疑応答でゴーン氏に質問する機会を得た。

【写真】キャロル夫人は休憩中、笑顔で談笑していた

 現在、会場に入っているメディアは全世界の約80媒体、120人ほどとされているが、その中で日本メディアは朝日新聞とワールドビジネスサテライト(テレビ東京)、そして週刊ポストとNEWSポストセブン合同の取材班の3媒体のみだ。

 本誌記者が「この会見の場に日本のメディアがそれほど多く集っていないことに驚いている。なぜ一部のメディアしか招かなかったのか」と問うと、ゴーン氏はこう答えた。

「私は日本のメディアを差別しているわけではない。また、日本のメディアだけ締め出したわけでもない」

「正直に言って、プロパガンダを持って発言する人たちは私にとってプラスにはならない。また、事実を分析して報じられない人たちは私にとってはプラスにならない。ここには、BBC、CBS、NBCなど多くの国際的なメディアを招いた。こうしたメディアは、客観的に報道することができると考えたからだ」

 ゴーン氏はそう語った上で、「日本のメディアをすべて招くことができなかったことも確かです」と付け加えた。

◆取材協力/宮下洋一(ジャーナリスト)

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  2. 2

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  3. 3

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  4. 4

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    「いつ外れるかわからない」アパートの階段の崩落事故を受け国が異例の調査

    ABEMA TIMES

    05月16日 20:49

  7. 7

    ワクチンのウェブ予約 ネットに慣れていない人にはハードル高し

    安倍宏行

    05月16日 16:39

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    五輪をどう安全に開催するかが開催国の責任 頭から批判する野党は「何とも無責任」

    鈴木宗男

    05月16日 16:13

  10. 10

    やはり政府が決定権を持つ蔓延防止措置は役立たずだった - 5月14日のツイート

    橋下徹

    05月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。