記事

実は荒れていた?2019年M-1グランプリの審査

1/2

宮室信洋(メディア評論家)

***

2019年のテレビ朝日「M-1グランプリ」は、ふわっとした感じに思うM-1であった。この感覚はさすがに言うだけでは共感が得られないので、データを利用しながらできるだけ客観的に検証してみたい。


データを使ったM-1の分析というとビッグデータを使った分析がWeb上で見られるが、M-1に限らずエンタメを対象とするビッグデータ調査というと、情報過多のズレた分析が多いように思う。ビッグデータ調査というのは、あらゆるデータを駆使することにより、客観的な答を得ようとするものであるが、結局はどのデータが重要なのかの目利きがうまくいかなければ駄目だということを示している。

特にエンタメ分析ではどこに着目すべきかの価値共有が測れない、いや単に調査者が目星がつかないのだろうか。もちろん調査者の主観を排したいということでもあるだろうが、エンタメのビッグデータ調査をみると、エンタメに興味のない調査者がビッグデータ分析の力を示すために話題のエンタメを使っているのか、あくまで主観を排してビッグデータ分析によって答を導いているということなのか区別がつかないことが多く、どうして分析をしたのか疑問を抱いてしまうものである。

ビッグデータという分析手法自体を疑問に付すわけではないが、ビッグデータなどと言って多数の情報を使わずともいくつかの情報で適切に分析すれば、より核心に迫ったある程度の分析ができるものと思う。そもそもエンタメに対してそのようなちゃんとした分析を施そうとするものはまずない。もちろんそれはそれで良いのだが、せっかくなので私はここではある程度主観(目利き)と客観をうまく統合するような分析を志したい。

といっても、複雑な分析をするつもりはなく簡単なものである。今回の M-1は本当にレベルの高いものであったのだろうか。本当にこれぞという優勝者や最終決戦者が選ばれたのであろうか。この疑問を検討すべく、2019年と2018年、2017年のM-1の審査データを元に、どれくらいの審査員が思った通りの結果になったかを調べてみたい。2019年の審査員のデータを見ると、優勝コンビであるミルクボーイに関しては、全ての審査員が一番の点数をつけている。

[参考]<芸能人で売れるのはメジャー顔>メジャー顔が全くいなかった2019年M-1

しかし、ナイツの塙や立川志らく 、中川家礼二は、ぺこぱを自身の評価においてトップ3に入れておらず、中でも志らくと礼二はぺこぱに対し相対的に言って高い点数をつけているとは言えない(それぞれ、志らくの中でぺこぱは6位、礼二の中では7位)。代わりに塙と志らくは和牛に対し、ともに彼らの自身の中での第2位の点数を与えている。同様に、2018年、2017年についても審査員がどれほど思った通りの結果になったのか調べてみる。

2018年のM-1グランプリでは霜降り明星が優勝し、ファイナルラウンドに進出したのは他に和牛とジャルジャルであった。2018年の M-1グランプリは非常に典型的な大会であり、なんとすべての審査員がトップ3以内にこの3組をあげていた。非常にスッキリした大会であったと言えるだろう。この比較だけでも今回の大会のふわっと感はある程度説明できてはいるが、もう1年遡り2017年の M-1グランプリの審査員のデータも見てみたい。

2017年M-1グランプリでは、とろサーモンが優勝し、和牛とミキが最終ラウンドに進出している。2017年M-1グランプリの審査員点数では、結果との大きなズレを取り上げれば、オール巨人がとろサーモンに自身において6位の点数をつけており、また博多大吉がミキに対し、自身において6位の点数をつけている。なお、松本人志は2年連続ぴったりとトップ3を当てていると話題になっているようだが、2017年においてはジャルジャルを1位にしている。翌年2018年のジャルジャルの高い評価に影響を与えているのかもしれない。もっと振り返っても面白いのかもしれないが、以上の比較から十分結論は出せるだろう。

まず、2018年のM-1グランプリこそ非常にスッキリした誰もが納得の行くような貴重な大会であったといえる。次に、2017年のM-1グランプリの審査員の点数を調べると、評価のばらつきは大きい方であったと思う。またそれと同時に大方納得いく結果であったとも言える。すなわち、全体的にバラついてはいるものの、一部の例外を除いて、ほぼすべての審査員が概ね思った通りの最終ラウンドとなっている。

あわせて読みたい

「M-1グランプリ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  6. 6

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。