記事

「デートで電車移動はイヤ」という意見に「バブル時代の価値観」と反論相次ぐ

電車にも車にもそれぞれの良さがある
電車にも車にもそれぞれの良さがある

「彼氏の車が軽自動車でガッカリした」という不満を時々耳にするように、デート時の移動手段を重視するカップルは多い。ガールズちゃんねるに1月2日、「電車移動のデートはあり?なし?」というトピックが立った。

普段は、車でデートすることが多いというトピ主。彼氏に「たまには電車でデートしてみたい」と伝えたところ、電車で初詣に行くことが決まったという。ところが、友人からは「電車とかあり得ない」「買い物も満足にできない」と否定的な話をされてしまい、「皆さん的にはどうなのか」と意見を求めた。(文:石川祐介)

「バスでデートすることもあるよ!」という人も


「普通に電車乗ってデートするよ」
「運転している相手に気を使わずにゆっくり会話できる」

“電車デート”の肯定派からは、恋人と一緒に過ごすことには変わりないため、移動手段にこだわる意味がわからない、という声が寄せられた。

「私は電車どころかバスでデートに行く事もあるよ!電車とかバスだといいお店があると気兼ねなく入ってお酒飲めるし」

車移動だとドライバーは飲酒ができず、たとえ「気にしないで飲んでいいよ」と言われても気を遣ってしまって楽しめない人もいる。ご飯選びを制限されず、気になったお店にふらっと入れる点も電車移動のメリットと言えそうだ。

ドライブデートにこだわるのは昔の価値観?

「ありに決まってるけど都会と田舎で違いそう」

地域によっては事情が変わる、という指摘も。地方では1時間に1本しか電車が来ないなど、交通の便が良くないケースもあるため、車移動にこだわる理由も納得できる。一方、

「トレンディドラマの価値観ぽい」
「今時、『絶対に車!』って言う人いるんだね。なんかバブル時代の人みたい」

地方在住者でもないのに、車デートに強いこだわりを持っているなら、車の有無や車種を男性のステータスと捉えている人なのかもしれない。単純に車が好きなケースもあり得るため一概には言えないが、客観的にはこうした人を「古臭い」と捉える人が多いようだ。

いずれにしろ、住んでいる地域や経済状況、デートに求めるものは、カップルによって千差万別だ。「人のことなんて気にしないほうがいいよ」という助言にあるように、そのカップルにあった移動手段でデートが楽しければ、それが正解だろう。

あわせて読みたい

「デート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  2. 2

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  3. 3

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

  4. 4

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  6. 6

    木下サーカス 収入90%減のピンチ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    小池都知事の思い付き公約に疑問

    舛添要一

  8. 8

    韓国に完敗した日本のエンタメ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナ後遺症だけが特別ではない

    名月論

  10. 10

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。