記事
  • 東龍
  • 2020年01月08日 16:35

タピオカ後から「グランメゾン東京」の影響まで グルメにおける7つの注目トピックス2020年

1/2

[画像をブログで見る]

グルメに変化のあった2010年代

2020年も幕を開けました。

2010年代は日本のグルメに関して大きな動きがあった時代だったと思います。

「世界のベストレストラン50」に続いて「アジアのベストレストラン50」も始まってフーディーズといった存在がクローズアップされたり、ミシュランガイドで東京や大阪以外の地域も続々と発売されて美食の裾野が全国に広がったりしました。

インターネットの目覚ましい発展も、食文化に影響を及ぼしています。食べログやRettyといったグルメサイトが着実に成長したことによって様々な飲食店の情報が簡単に入るようになったり、InstagramをはじめとするSNSが利用されるようになって爆発的なグルメブームが生まれたりするようになりました。

もちろん、レストランのトレンドも変化しています。地産地消や自然回帰の志向が強まったり、料理科学が深く研究されて本がたくさん出版されるようになったり、料理のジャンルや調理法がますます融合していったりしているのです。

では、2020年のグルメシーンでは、何に注目すればよいでしょうか。

関連記事
グルメの注目 食通でなくとも知っておきたい9つの話題 2019年食通であれば知っておくべき2018年の飲食店に関する5つの課題・問題

いくつかのトピックスに分けたいと思います。

・アジアのベストレストラン50
・ミシュランガイド
・新しいホテルの料飲施設
・昨年末にリニューアルオープンしたホテルの料飲施設
・東京2020オリンピック・パラリンピック
・ポストタピオカ
・フレンチの復権

以上の項目について詳しく説明していきましょう。

アジアのベストレストラン50

食には様々なアワードやレストランガイドがありますが、近年最も勢いのあるものといえば「ベストレストラン50」。

「世界のベストレストラン50」「アジアのベストレストラン50」「ラテンアメリカのベストレストラン50」といった世界全体および地域別のアワードに分かれており、レストランが1位から50位までランキングされるという画期的な仕組みとなっています。

関連記事
今最も信頼されている食のアワード「世界のベストレストラン50」を知る

投票者である世界中のフーディーたちは18ヶ月以内に訪れたレストランに投票するので、最新のガストロノミーが色濃くランキングに反映されるのです。

そして、この2020年に注目したいのは「アジアのベストレストラン50」。

なぜならば、発表会が初めてこの日本で開催されることになっているからです。受賞セレモニーは3月24日に佐賀県の武雄市で行われ、世界を代表する料理人や影響力のあるフーディーズが一堂に会します。

では、「アジアのベストレストラン50」の見どころはどこでしょうか。

日本のチェアマン中村孝則氏/中村氏提供

日本のチェアマンを務める中村孝則氏に話を聞きました。

「最も関心がもたれるのが1位争い。シンガポールの『Odette(オデット )』が連覇する可能性もあるが、前回4位のバンコク『Suhring(ズーリン)』も非常に素晴らしい。日本勢では前回3位『傳』や前回5位『フロリレージュ』が最有力。『NARISAWA(ナリサワ)』も有力で、1位となれば1回目開催の2013年以来となる。昨年8位までのレストランはどこも1位を獲得するポテンシャルを秘めている」

1位争い以外にも、注目どころはあるといいます。

「台湾のガストロノミーが非常に熱い。昨年7位『Mume(ムメ)』や30位『Raw(ロウ)』は躍進するのではないか。『JL Studio(ジェーエルスタジオ)』など、新しいレストランがランクインする可能性もある。『INUA(イヌア)』や『Ode(オード)』といった日本のレストランも50位以内に入るかもしれないので、是非とも注目していただきたい」

非常にエンターテインメント性も高い「ベストレストラン50」は、美食の祭典と世界中から注目されるイベントになっているだけに、3月24日の開催が待たれます。

ミシュランガイド

「ミシュランガイド東京2020」発表会/著者撮影

1900年からの古い歴史を誇り、大きな影響力をもつレストランガイドといえば「ミシュランガイド」です。1926年から星をつける制度が始まりました。

日本では2007年に出版されてから、毎年多くの料理人が、その結果に一喜一憂しています。どの料理人も、まさに料理人生をかけて、星を獲得しているといってもいいでしょう。

その最新版となる「ミシュランガイド東京2020」では、いくつかの動きがありました。

予約可能店だけを掲載することを明らかにしたことは大きいことです。三つ星として掲載されている「すきやばし次郎本店」「鮨 さいとう」が不掲載となりました。以前から一般客でも予約できるようにと話し合いがもたれていたようですが、折り合いがつかなかったということです。

ミシュランガイドはそもそも、旅行する際に訪れることができる飲食店を紹介するために誕生した本であるだけに、その本質に戻ったといえるでしょう。今後ミシュランガイドに掲載されるためには、一部の常連にだけではなく、より多くの人々に門戸を広げることが必要となります。

「プリズマ」と「INUA」が二つ星として掲載されたことにも、大きな意味があるでしょう。

日本のミシュランガイドはイタリア料理や中国料理に厳しいのではないかともいわれていますが、「ミシュランガイド東京2011」以来となるイタリア料理店「プリズマ」が二つ星に昇格しました。イタメシがブームとなってからイタリア料理は、カジュアル店からファインダイニングまで、既に日本の食文化に組み込まれた感もありますが、またイタリアンの人気が再燃するかもしれません。

「INUA」がオープンした2018年は不掲載でしたが、2019年は掲載されることとなり、初登場でいきなり二つ星。世界のガストロノミーでは、北欧は世界のガストロノミーでひとつのキーワードとなっていますが、日本でも北欧料理に耳目が集まりそうです。

ミシュランが改めて発したメッセージもあります。それは、評価対象はあくまでも「料理」のみであり、審査員はミシュランの正社員で、公正平等に評価できるように訓練されているということです。

食のメディアが力をもっている時代であり、飲食店に対する評価の透明性が問われているだけに、非常によいアナウンスでしょう。

ミシュランガイド出版記念会・発表会の様子をライブ配信したり、Web版「クラブミシュラン」にも力を入れたりと、時代に合わせて進化しています。

ミシュランガイドの存在や星による格付けは、日本にしっかりと根付きましたが、今年はどのような変化があるのか、注視したいです。

あわせて読みたい

「グルメ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  5. 5

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  6. 6

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  7. 7

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。