記事

浜崎あゆみ実母が語った「代理出産」「本当の体調」 - 「週刊文春」編集部

 元日深夜、公式ファンクラブサイトで出産を報告し、世間を仰天させた浜崎あゆみ(41)。1月上旬、「週刊文春」の取材に対し浜崎の実母がその心境を初めて明かした。

【写真】結婚の予定はないという浜崎あゆみ

 妊娠中にもかかわらず浜崎は、昨年の5月から8月まで全国ツアーを敢行していた。

「出産1カ月後の昨年の大晦日にはカウントダウンライブを開催。あまりの超人ぶりに親しい関係者でも『代理母出産ではないか』と疑っていました」(スポーツ紙記者)


二度の離婚歴がある ©文藝春秋

 そんな浜崎は現在、都内随一の高級住宅街にある10億円豪邸とも言われる自宅で実母とともに暮らしている。

「エイベックス内で“女帝”と言われる浜崎ですが、意外なことに母親の言いなり。外食は好まず、口に入れるのは母親が作ったものばかりという徹底ぶりです」(音楽関係者)

「週刊文春」記者が浜崎の母親に声をかけると、開口一番、「いっぱいの祝福をいただいて有難いばかりなんですけれども」と目尻を下げながら、取材に応じた。

――出産1カ月でライブをするというのは凄いですね。

「そうですねー、でも今もう骨盤がダメです。体調がちょっと芳しくないんですけどね。自分が選んだことですからね。(骨盤が)緩んでいますから通院しております。おかげさまで皆さんに守られておりまして」

――世間で代理母出産などと言われています。

「もちろん本人ですよ(笑)」

――ご自身で育てられるということで。

「はい、もちろん。まあ、留守中は、そう(母親が面倒を見るということに)なりますけども。こんな楽しいことはございません」

 1月9日(木)発売の「週刊文春」では浜崎の実母へのインタビューに加え、子供の「父親」についても詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年1月16日号)

あわせて読みたい

「浜崎あゆみ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  5. 5

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  8. 8

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  10. 10

    USJ・ディズニーが臨時休園発表

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。