記事

国民民主党は、立憲民主党の枝野氏の誘いをすげなく撥ね退けた方が人気が上がるんじゃないかな

まあ、やってみなければ分からないが、玉木さんは枝野氏の要求をすげなく退けた方が喝采を浴びそうな気がしている。

優柔不断な優男から、雄々しく筋を通す強い漢に変身する絶好のチャンスが目の前に来ているように思える。

国民民主党の支持率が低迷していると言われているが、支持率などは党首の動き一つで簡単に動くことがある。

玉木さんに必要なのは、「強い政治家」のイメージである。

枝野氏は、立憲民主党を立ち上げた直後は、小池希望の党に雪崩れ込もうとしていた大方の民進党の国会議員の中で一人孤高の立場を貫いた「強い政治家」というイメージを獲得することに成功した人だが、今の枝野氏は、ただの「強い政治家」から「傲慢な政治家」のイメージに変わってしまっている。

下地氏のIR関連事業者からの陣中見舞い受領疑惑で維新のイメージが大きく傷ついてしまった現在、保守中道、あるいは中間層の受け皿になりそうなのは玉木さんが率いる国民民主党しか見当たらない。

立憲民主党と合流してしまえば、結局は野党の皆さんは保守中道、中間層の支持を失うことになりかねない。

実に勿体ないことである。

玉木さんが強くありさえすれば、国民民主党は保守中道や中間層の支持を獲得するのかも知れないのだから、ここは頑として立憲民主党への吸収合併を拒否すべきだろう。

国民民主党は、皆さんが思われるほどには弱くない。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  4. 4

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  5. 5

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

  6. 6

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  7. 7

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  8. 8

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  10. 10

    菅首相の就任でコロナ対策に変化

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。