記事

国民民主党は、立憲民主党の枝野氏の誘いをすげなく撥ね退けた方が人気が上がるんじゃないかな

まあ、やってみなければ分からないが、玉木さんは枝野氏の要求をすげなく退けた方が喝采を浴びそうな気がしている。

優柔不断な優男から、雄々しく筋を通す強い漢に変身する絶好のチャンスが目の前に来ているように思える。

国民民主党の支持率が低迷していると言われているが、支持率などは党首の動き一つで簡単に動くことがある。

玉木さんに必要なのは、「強い政治家」のイメージである。

枝野氏は、立憲民主党を立ち上げた直後は、小池希望の党に雪崩れ込もうとしていた大方の民進党の国会議員の中で一人孤高の立場を貫いた「強い政治家」というイメージを獲得することに成功した人だが、今の枝野氏は、ただの「強い政治家」から「傲慢な政治家」のイメージに変わってしまっている。

下地氏のIR関連事業者からの陣中見舞い受領疑惑で維新のイメージが大きく傷ついてしまった現在、保守中道、あるいは中間層の受け皿になりそうなのは玉木さんが率いる国民民主党しか見当たらない。

立憲民主党と合流してしまえば、結局は野党の皆さんは保守中道、中間層の支持を失うことになりかねない。

実に勿体ないことである。

玉木さんが強くありさえすれば、国民民主党は保守中道や中間層の支持を獲得するのかも知れないのだから、ここは頑として立憲民主党への吸収合併を拒否すべきだろう。

国民民主党は、皆さんが思われるほどには弱くない。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  3. 3

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  4. 4

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  5. 5

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

  6. 6

    正義連を告発した元慰安婦に誹謗

    文春オンライン

  7. 7

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  8. 8

    米雇用 予想覆す250万人増に衝撃

    鎌田 傳

  9. 9

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「ドラゴン桜2」延期報道のワケ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。