記事

【モール】、ショッピングセンターは過去最悪の空洞化!試練の時はイノベーション萌芽?

1/2

■空前の空室率となりショッピングセンターがついに冬の時代に入った。

全米77都市のショッピングセンターをモニターしている不動産調査会社レイス社によると、昨年の第4四半期(10月〜12月期)のモール空室率は前期から0.3ポイント上昇し9.7%となった。

9.7%となるモール空室率は前年同期の9.1%から0.6ポイントも上昇したことになる。

モール空室率はリーマン・ショック後となる2011年第3四半期(7月〜9月期)に9.4%を記録。

それ以降は緩慢な回復基調にあったものの、アマゾン・エフェクトでモールの集客が伸び悩み空室率が上昇することになった。

モール空室率は昨年の第3四半期、9.4%と8年前の記録と肩を並べた。さらに大量閉店が相次いだことで記録を塗り替えてしまったのだ。

20年前からショッピングセンターのデータを収集するレイスでは、モール空室率が過去20年で最悪となっている。

調査会社コアサイト・リサーチによると、昨年に発表されたアメリカ国内の閉鎖店舗数はトータルで9,300店となった。2018年の閉鎖となった5,864店を超え、約60%も増えたことになる。

店舗閉鎖8,139店となった2017年をはるかに凌ぐペースで大量閉店が起きたのだ。コアサイト・リサーチでは2012年から統計を開始して閉店数が最多となった。

閉店数で最多となったのは靴チェーンでかつて全米ナンバーワンだったペイレス・シューソースだ。ペイレスでは昨年2月に企業清算を行い約2,100店を閉鎖した。

婦人服小売チェーンのドレスバーンも事業終了に向けて全米にある650店舗をすべて閉鎖したことで、親会社のアシナ・リテール・グループではドレスバーンを含む800店近くの閉鎖と報告されている。

また子供服チェーンのジンボリーも昨年1月、2度目の破産法を申請し全750店をスクラップした。

この3社の閉店数だけで閉鎖店舗数の3分の1を占めたことになる。

他に中西部や南部に展開するディスカウントチェーンのフレッズ(Fred's)の564店、ティーンや若い女性向けのファッションを扱うシャーロット・ルッセの512店、デパートメントストアのショップコの371店、ダラーストアのファミリーダラーの359店、スポーツ栄養補助食品やダイエット商品の販売を手掛けるGNCの332店、ファッション雑貨を展開するチャーミング・チャーリーの261店の閉店だ。

閉鎖となる店舗数が3桁に及ぶチェーンストアはアベニューやシアーズ、ディスティネーション・マタニティ、ウォルグリーンなどまだまだ続く。

昨年8月に経営破綻した高級ファッションのバーニーズ・ニューヨークも国内に残す予定だった店舗すべてが閉鎖となり、9月に倒産したフォーエバー21も100店舗以上の閉鎖だ。

 2020年は始まったばかりだがすでに大量閉店のニュースが報じられている。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  3. 3

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  4. 4

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  5. 5

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  7. 7

    すごい展開 優樹菜に芸能界驚き

    SmartFLASH

  8. 8

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  9. 9

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  10. 10

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。