記事

NY市場サマリー(7日)

[7日 ロイター] - <為替> 円やスイスフランに売りが出て直近の高値から押し戻された。米・イランが全面戦争に突入する可能性は低いとの見方から、安全とみられる資産への買いが後退した。予想を上回る米経済指標を支えにドルは底堅く推移。一方、豪ドルは大幅安となった。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツ(トロント)の主任市場ストラテジスト、カール・チャモタ氏は「先週見られた大幅なリスクオフ取引は収束し始めており、リスク選好が上向きつつある。投資家は米・イランの戦略的な駆け引きを巡る微妙な意味合いに注目しているほか、世界経済を揺るがすような緊張の激化に発展する可能性は低いと考えているようだ」と分析した。

ドル/円<JPY=><JPYX1=>は0.1%高の108.53円。ドル/スイスフラン<CHF=>は0.3%高の0.9710フラン。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.4%高の97.01。ユーロ/ドル<EUR=>は0.4%安の1.1144ドル。

中国人民元<CNY=> <CNY=CFXS> <CNY=SAEC>は対ドルで上昇し6.9315元と5カ月ぶり高値。米中は来週15日に「第1段階」の通商合意書に署名する予定だ。豪ドル<AUD=D3> <AUD=D4>は1%超下落し68.65セント。山火事が深刻な被害をもたらす中、経済への影響が懸念されている。

<債券> 債券利回りが全体的に横ばいで推移した。米経済指標がまちまちだった。

米商務省が7日公表した2019年11月の米貿易赤字は、前月比8.2%減の430億8600万ドルと、16年10月以来3年1カ月ぶりの低水準となった。市場予想は438億ドルだった。[nL4N29C3AM]

また米供給管理協会(ISM)が7日発表した12月の非製造業総合指数(NMI)は55.0と、前月の53.9から上昇し、8月以来の高水準となった。市場予想の54.5も上回った。[nL4N29C336]

一方、米商務省が7日発表した2019年11月の製造業新規受注は前月比0.7%減だった。機械と輸送機器の需要減を反映した。市場予想は0.8%減だった。[nL4N29C340]

製造業の低迷を示す指標が債券利回りの上昇を抑制。終盤の10年債利回り<US10YT=RR>は0.7ベーシスポイント(bp)上昇の1.818%にとどまった。

2年債利回り<US2YT=RR>は0.1bp低下の1.547%だった。

2年債と10年債と利回り差<US2US10=TWEB>は27.7bpと前日終盤の26.2bpから拡大した。

5年物インフレ指数連動債(TIPS)実勢利回り<US5YTIP=RR>は4営業日連続でマイナス圏で推移。3日には2017年4月以来の低水準に落ち込んだ。10年物TIPS利回り<US10YTIP=RR>はプラス圏で推移。3日には17年4月以来となるマイナス圏入りとなっていた。

<株式> 主要株価3指数がいずれも下落して取引を終えた。米国とイランが対立する中、警戒ムードが続いた。このところ上昇していた原油価格が下落したことから石油大手エクソンモービル<XOM.N>やシェブロン<CVX.N>などエネルギー株が売られた。

一方、半導体株は買われ、相場を下支えした。フィラデルフィア半導体株指数<.SOX>は1.8%高。コーウェンが投資判断を「アウトパフォーム」に引き上げたマイクロン・テクノロジー<MU.O>は8.8%急伸した。

米株市場は、米国によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害を受け、前週末以降、神経質な展開となっており、主要株価指数は過去最高値から押し戻されている。

ナティクシス・インベストメント・マネジャーズのポートフォリオマネジャー、ジャック・ジャナシーウィックツ氏は「市場は、中東の動きを消化しようとしている。やや押し戻され、値固めとなっている」とした上で、「もうすぐ企業の決算シーズンに入る。これが新たな市場の材料になる」と指摘した。

米主要企業の第4・四半期決算発表は来週から始まる。リフィニティブのIBESデータによると、S&P総合500種<.SPX>採用企業の第4・四半期は7日時点で、0.6%減益となる見通し。

<金先物> 利益確定の売りが先行したものの、中東情勢をめぐるリスク警戒感などを背景に10営業日続伸した。2月物の清算値は前日比5.50ドル(0.35%)高の1オンス=1574.30ドルと、前日に続き、中心限月として2013年4月初旬以来約7年ぶりの高値を更新した。

<米原油先物> 中東情勢の緊迫化を背景とした買いが一服し、4営業日ぶりに反落した。米国産標準油種WTIの中心限月2月物の清算値は、前日比0.57ドル(0.90%)安の1バレル=62.70ドル。3月物は0.53ドル安の62.51ドルだった。

ドル/円 NY終値 108.42/108.46 <JPY22H=>

始値 108.38 <JPY=>

高値 108.62

安値 108.32

ユーロ/ドル NY終値 1.1151/1.1155 <EUR22H=>

始値 1.1181 <EUR=>

高値 1.1183

安値 1.1134

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 101*22.00 2.2965% <US30YT=RR>

前営業日終値 102*00.50 2.2810%

10年債(指標銘柄) 17時05分 99*14.50 1.8108% <US10YT=RR>

前営業日終値 99*14.50 1.8110%

5年債(指標銘柄) 17時05分 100*22.25 1.6041% <US5YT=RR>

前営業日終値 100*21.25 1.6110%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*05.38 1.5384% <US2YT=RR>

前営業日終値 100*04.88 1.5470%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 28583.68 -119.70 -0.42 <.DJI>

前営業日終値 28703.38

ナスダック総合 9068.58 -2.88 -0.03 <.IXIC>

前営業日終値 9071.47

S&P総合500種 3237.18 -9.10 -0.28 <.SPX>

前営業日終値 3246.28

COMEX金 2月限 1574.3 +5.5 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1568.8

COMEX銀 3月限 1839.3 +21.4 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 1817.9

北海ブレント 3月限 68.27 ‐0.64 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 68.91

米WTI先物 2月限 62.70 ‐0.57 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 63.27

CRB商品指数 186.9254 ‐0.4629 <.TRCCRB>

前営業日終値 187.3883

(※関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  8. 8

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  9. 9

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  10. 10

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。