記事

ゴーン氏の会見詳細判明 「質問なくなるまで続ける」とも

会見は日本時間1月8日22時に始まる予定(AFP=時事)

ゴーン氏の妻・キャロル夫人(写真/アフロ)

レバノンの首都・ベイルートにあるゴーン氏の自宅前。報道関係者が殺到していた

NEWSポストセブン

 レバノンに出国した日産の前会長カルロス・ゴーン氏が、日本時間1月8日午後10時(現地時間:同午後3時)より現地で行なう予定の記者会見の詳細が分かった。

 会見に参加予定のジャーナリストが語る。

「ゴーン氏側は首都ベイルートで記者会見用の会場を用意しており、ゴーン氏が国籍を持つフランス、ブラジルをはじめ、アメリカ、イギリス、中国、韓国、そして日本など世界10か国以上から約80のメディアが参加予定だという。

 ゴーン氏は出国を決意した動機、日本の司法制度の問題点などを話す予定で、時間は2時間半程度とみられているが、本人は記者からの質問がすべてなくなるまで続けるつもりのようだ」

 また、ゴーン氏は日本のメディアが検察からのリーク情報を中心に報道していることに憤っており、「正確な情報を伝えるために記者に集まってもらう」という意図を周囲に示しているという。

 アメリカのメディアは、ゴーン氏に先週末に直接取材したとして、「会見では、自身の逮捕は日産会長の解任などを狙ったクーデターだと主張し、関与した日本政府関係者などの名前を明らかにすると語った」と報じている。

 7日には、大久保武・駐レバノン大使がアウン大統領と会談し、保釈中にレバノンに出国したことに対し、「誠に遺憾。我が国として看過できるものではない」などとレバノン政府の協力を要請した。国際刑事警察機構(ICPO)が日本の要請に基づき、身柄拘束を求める手配書を出したものの、レバノンは日本と犯罪人引き渡し条約を結んでいないことから、身柄引き渡しは困難な情勢だ。

 そうした中、いったいゴーン氏自身の口から何が語られるのか。日本はもちろん、全世界が注目する会見となることは間違いない。

◆レバノン現地取材班

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  4. 4

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  6. 6

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  8. 8

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。