記事

“井上元コーチ”への独占インタビューから考える、日大アメフト部騒動とテレビの「過熱報道」

1/2

 12月13日、兵庫県尼崎市。身長185cm・体重90kgという、大きな体の男が現れた。2018年5月、日大アメフト部悪質タックル問題で監督と共に謝罪会見を行った、井上奨・元コーチ(取材時30歳)だ。

会見では「“QBを潰して来い”と言ったのは真実。ただ、怪我させることを目的としては正直、言ってない」と、あくまで選手を鼓舞するために指示を行ったことは認めたが、怪我をさせる気はなかったと説明した井上元コーチ。

しかし、当該選手が「コーチや監督からの指示だった」と会見で話したこと、さらに傷害容疑での刑事告訴も加わって、ワイドショーや週刊誌には“悪質タックル指示の決定的証拠を公開”“監督逮捕Xデー 日大「暗黒のブランド」”“日大監督「どす黒い男」”“殺人タックルの指令を出した監督”“鬼コーチの「私生活」”など、日大アメフト部を悪の巣窟であるかのような報道が溢れた。

「あの記者会見がほんまに全てになってしまって、やっぱり僕も何か発信しなあかんなとも考えたり、いま言ったらまた叩かれるやろなとか考えたり。でも、ずっと黙っているのは、ちょっとどこかで逃げているような感じがした」。

 あれから1年7カ月、昨年11月には「嫌疑不十分」として不起訴が決定。検察は彼を罪に問えないとの判断を下した。そして今回、井上元コーチが長きにわたる沈黙を破り、AbemaTV『AbemaPrime』に騒動の真相を激白した。聞き手は、当時、ワイドショーなどで日大批判を行っていたと話すカンニング竹山だ。

■「アプローチの仕方がもっと他にあったと思う」


 すべての始まりは、あのタックルからだった。日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボール部による伝統の一戦。アメフトはボールを前に進めていくスポーツで、相手の前進を阻むため、ボールを持った選手にタックルに行くことになる。

その中でメディアが問題視したのが、ボールを投げ終わり、自身はプレーにまったく関係ない状態になっていた選手に行った、あわや大怪我の悪質タックルだ。そして浮上したのは、「誰がこの悪質タックルを指示したのか」という、騒動の争点かつ最大の疑問だった。

竹山:「どんな手を使ってでもやれ」「あのQBディフェンスラインやから潰しとけよ、ちゃんと」と言ったのか。あの試合の前に何があったのか。

井上:「お前、関学のQB潰して来いよ」「どうする?試合出る?出たいの?」と言った。「潰すんやったら出てええよ」と言った。「仲良しでやってるんちゃうねんから、お前、本気にやれよ!」と「監督もそうやって言うてんぞ!」と言った。

竹山:それは本当に内田監督から聞いたのではなく、井上さんが言ったのか?

井上:そう。僕もちょっと熱が入ってしまった。多分それが最終的に、監督が言ったことになったのかなというのもあるが、「ハングリーにタックルして来い!」という意味。僕の感覚やったら、意味分かるよな、というか。勝手に思っていたのかもしれないけど。

 騒動後、タックルを行った選手は1人で会見を行い、「コーチと監督から“相手選手が怪我をし、その後の試合に出られなかったら得だろう。やらなきゃ意味ないよ”と、2人の指示によって悪質タックルを行った」と語った。

しかし井上氏は、選手の闘志に火を付けるため「つぶしてこい」とは言ったものの、ケガさせることを指示したわけではないと主張し、両者の答えはすれ違っている。


 そして、外せないのが、井上氏と選手の関係性だ。2人の出会いは、選手がまだ高校生の頃に遡る。彼の持って生まれた体格、そして高い身体能力にほれ込んだ井上元コーチは、彼を本気で育てたいと思ったという。

実際に指導をする中で、選手はメキメキと力を伸ばしてゆき、世代別の日本代表に選ばれるほどになった。当時、選手は井上元コーチのことを「つとむさん」と呼ぶほど頼りにし、互いに何でも言い合える親しい関係だったという。

井上:彼と僕の関係はほんま高校時代に遡るくらい、気持ちと気持ちがずっとあったというか…。(高校2年の時に)彼の体型を見て、身長が高くて、思いっきりディフェンスエンドの体型。「この子を最高のディフェンスエンドにしよう!」と思った。「大学ではフットボールやって欲しいねん」と言った。

 1年生ながら素晴らしい才能でレギュラーとなった選手。しかし、プレーにムラがあり、ビッグプレーの反面、大きな致命的なミスをすることもあったのだという。

27年ぶりに念願の学生日本一に返り咲いていた日大アメフト部で、上級生が卒業した後、彼こそチームを引っ張るリーダーになってほしいと考えていた井上元コーチ。そして2人の関係は少しずつ変わっていったという。

井上:彼に優しく接しているから、彼も甘えてるんちゃうかなって思いだしたりして、僕も変わらなあかんというか、ちょっとキツイ言葉を言ったり、怒ったりが増えた。だから彼は多分、『高校時代のつとむさんちゃうな』っていうのはどこかで持っていたと思う。何でも日本一になるのは簡単ではないけど、でも卒業して日本一になったというプライドが、どれだけ自分の糧になるかを僕らは教えたかった。ほんまにベストは(学生たちが)自分たちでやること。自主性。自分ら仲間同士で厳しくする、要は追求する。

竹山:学生同士で?

井上:学生同士。でもやっぱり、それはすごい難しい。だからある程度、こっちが発破をかけてやらないと勝てないと思う。手を出すとかではない。これは全然違う。でも、厳しく怒る。何で俺は怒ってんねんっていうのも伝えなあかん。厳しくしようとか、ガチガチにはめるってのは、今すごい否定されてるけど、でもそれを一概にパワハラって言うと、それは違うと思う。そして「(試合に)出されへん!」というのは言った。ほんまに怒った。でも、外すというのは僕の計画というか、1回外してみて、彼がどういう顔するんやろう、どういう反応するんやろうと。彼に問いたかったのは「自分どうしたいねん?」と。試合に出たいのか、練習したいのか、QBサックしたいのか、お前はどうしたいねん!?ということで、もっと来て欲しかった。


竹山:では、ラフプレーを見た時の印象は?

井上:ほんまになんていうか、(心臓が)ドキドキってなったというか、これはちゃう!って思ったけど、僕も初めて見た。もうビックリして。ほんまに何か、ほんまに何か「えっ?そこまで行く!?」という、そんな感じ。

井上元コーチも理解できなかったというあのタックル。試合後、SNSで動画が拡散され、人々に知れ渡ることになるが、井上氏はすぐに選手と話をしたという。

井上:犯罪者みたいな扱いされて、SNSでああやこうや言われて。「でもお前、悪ないからフットボール続けてくれ!」と選手には言った。「辞めて欲しない!絶対辞めるなよ!!」と言った。でも、「もう辞めます。辞めさせて下さい」と。「何で?どうするの?」と。「いや、もうあんなタックルしろって言われて、やれって言われてね、やって…」って。彼としては「やれって言われてやりました」ということ。だからもう「ええっ?」と思った。

 井上元コーチはその後、もしかしたら自らが選手を追い込んでしまったのではないかと考え始める。

井上:彼に対しては、僕は多分間違っていた。彼と僕の関係だけ。

竹山:個人的な指導ということ?

井上:はい。アプローチの仕方がもっと他にあったと思う。でもそれが何かは、あの時は分からなかった。僕がプレッシャーをかけたからやってしまったというのも、どこかであったような。今でも分からないけど、彼と僕はどこで離れてしまったのかな。

あわせて読みたい

「日大アメフト問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  6. 6

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  7. 7

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  8. 8

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  10. 10

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。