記事

役員会・役員連絡会後 二階幹事長記者会見

1/2

幹事長記者会見

役員会・役員連絡会後 二階幹事長記者会見

2020年1月7日(火)12:37~13:01

於:党本部平河クラブ会見場



【冒頭発言】(高鳥筆頭副幹事長)

本日の役員会の概要を報告いたします。

安倍総裁からは、昨年は、党が結束して参議院選を戦い抜いた結果、与党で過半数を上回ることができました。重ねて役員の皆様に御礼を申し上げます。臨時国会においても多くの重要法案が成立し、本年1月1日から日米貿易協定のもとに新たな貿易がスタートしました。農業を含め、攻めるべきは攻め、守るべきは守るという考え方のもと、農林水産業の所得を上げるべく力を入れて行きたい。

昨年、日中首脳会談を行ったが、それに先立ちまして、牛肉の中国への輸入解禁が出ました。実際の取引は今少し時間がかかるが、なるべく早期に日本からの輸出を再開したい。また日EU・EPAのもと牛肉の輸出が3割増え、成果が出ています。現状の中東情勢の緊迫化に、深く憂慮している。日本としても緊張緩和に向けた外交努力を通じて、地域の平和と安定に尽くしたい。事情が許せば、12から15日にサウジアラビア、UAE、オマーンを訪問する予定だという報告がございました。

森山国対委員長からは、明日10時から内閣委員会理事懇を開き、IRの問題について内閣府や法務省などから説明を聴取する予定。また、13時30分から総務委員会の理事懇を開き、かんぽ生命保険の不適切販売について日本郵政グループや総務省から説明を聴取する予定。海上自衛隊の中東派遣について、17日に安保委員会の閉会中審査を開く予定。詳細は16日の理事懇で協議します。政府から次期通常国会を今月20日に召集するとの方針を伺っているが、召集に向けての議運理事会を10日午後に開く方向で調整している。なお、議運理事会に先立ち、与野党国対委員長会談を開いて、野党に対し予算や法案審議への協力を要請することにしているとの発言がございました。

末松参院国対委員長からは、明日15時から内閣委員会理事懇を開き、IRについて政府から説明を聴取します。総務委員会理事懇は、10日9時半から日本郵政グループやかんぽ生命からヒアリング。また、外交防衛委員会の閉会中審査は、17日13時~15時に開催するとの発言がございました。

関口参議院会長からは、昨年は参議院選挙での絶大なるご支援頂き感謝申し上げる。本年も参院は一丸となって安倍政権を支えて行くとの発言がございました。

世耕参議院幹事長からは、通常国会に向け衆院と連携し準備を進めたいとの発言がございました。

下村選対委員長からは、本年も常在戦場の意識と緊張感をもって各級選挙を戦い抜きたい。今月は京都市長選挙が1月19日告示、2月2日投票であります。府連で現職の門川大作市長を推薦している。静岡4区補選は4月14日告示、4月26日投票であります。県連が準備を進めているが、連携を密にし、必勝態勢を構築したいとの発言がありました。

岸田政調会長からは、今年は東京五輪の成功に向けて全力を挙げたい。また令和元年度補正予算と令和2年予算の速やかな成立に向け努力したい。本日13時から法務・外交合同部会で日産の元会長ゴーン被告の国外逃亡事案について議論する。政審は1月16日に開催するとの発言がございました。

鈴木総務会長からは、1月17日に総務会を開催し、補正関連法案を審議する。本年も侃侃諤諤の議論を行い、しっかりとした結論を出していきたい。そのもとに党一致して政策を推進していきたいとの発言がございました。

平沢広報本部長からは、憲法の新ポスターの発表があった。2種類各4万枚を作成し、全国に配布する。国会議員には100枚配布し、追加注文にも応じるとの発言がございました。

以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

新年おめでとうございます。大変お世話になっておりますが、今年もまたマスコミの関係者の皆様のご理解ご協力を切にお願いを申し上げる次第であります。

安倍政権もおかげさまで8年目を迎えております。ご承知のとおりですが、国民の皆さんの大変なご理解やご声援を背に受けて、党としても一生懸命取り組んできたわけでありますが、改めて年頭にあたり初心を忘れることなく、われわれ自身がみんなで謙虚に政権運営、党運営に協力していかなくてはならないとの決意を新たにしているところであります。党一丸で国民のご期待に応えていきたい。

われわれはそうして国民の皆さんが、あるいは特に全国各地にいていただく党員の皆さんのそれぞれの声を国政に反映させるように努力をしていく。そのためにはやっぱり、先ほども申し上げましたが、党が常に謙虚な姿勢で国民の皆さんの声に耳を傾ける、教えを乞うぐらいの気持ちをもって、積極的にわれわれの側から前に進んでいかなくてはなりません。そういう意味で決意を新たにして、新しい年を皆でしっかり取り組んでいきたいと思っております。

おかげさまで党勢拡張についても、今現在で党員は110万を超えておるところでありますが、それぞれ関係者で協議をして新しい目標を立てて、それは極端に言えば県連支部ごとに努力目標を立てる。あるいは支援団体にもそれぞれの党員が活躍をしていただいておるわけでありますが、それはそれでもう一段とわれわれは国民の皆さんに応えていけるような力強い政治を断行していくためには、もっと党内基盤を拡充しようではないか。

そのためには、党員の皆さんを増やしていく、党勢に協力していただく国民を、多くの仲間を、同士を築いていく努力をわれわれは謙虚に進めていくということが大事ではないかということを年頭に呼び掛けてまいりたいと思っております。

色々と課題はありますが、それぞれのことについては党の組織を挙げてしっかりして、皆が常に初心に返るつもりで対応していきたいということを、年頭に改めて決意をしていることを申し上げて、今年もまた皆さんのご指導やご協力を特にお願いを申し上げて、新年のご挨拶にしたいと思います。宜しくお願い申し上げます。

以上です。

質疑応答

毎日新聞です。秋元衆議院議員が逮捕をされた、IR事業を巡る汚職事件についてお伺いします。中国側は、自民党議員4名を含む5名の衆議院議員に100万円ずつ渡したという疑惑が上がって来ており、政界にも広がりを見せております。これが国会に与える影響についてどう受け止めておられますか。

われわれとしては寝耳に水のような話ではございますが、こういうことが明らかにされて、今捜査中でありますから、このことを静かに見守っていきたいと思います。こうしたことに対して、党全体は常に心を引き締めて、反省の上に立って対応していかなくてはならないと思っております。事態は、捜査の状況や結論を見てから、われわれが判断しなければならないと思っております。

毎日新聞です。この事件での逮捕もありましたが、政府はIRのカジノ規制を担うカジノ管理委員会を今日発足させました。環境整備を進める考えでありますが、幹事長はこのままIRの整備をこれまでとおり進めていくお考えでしょうか。

IRを進めて来た精神、残念ながらこういうことに関与して今は司直の手を煩わしている、あるいは煩わさんとしておる人がおるとすれば、それはそれで厳しく反省しなきゃいかんことでありますが、本体は別の問題でありますから。われわれ自民党はいささかもこれに対して躊躇することなく前に向かって積極的に取り組んでいきたいと思っております。

時事通信です。IRに関する汚職が広がっている問題が、安倍総理の解散戦略に何か影響与えるとお考えでしょうか。

特に突っ込んだ話し合いをしたことはありませんが、今のところ解散云々という問題と、このこととは次元が違うというふうに考えております。

あわせて読みたい

「二階俊博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    吉村知事は野球大会を開催すべき

    赤木智弘

  4. 4

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  5. 5

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  6. 6

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  7. 7

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  8. 8

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  9. 9

    日本人の外貨運用に間違い2つ

    内藤忍

  10. 10

    安倍首相 黒川氏の退職金は減額

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。