記事

超人カルロス・ゴーン、行動原理に垣間見る西洋哲学思想

ゴーン被告の出国に関するニュースが沢山報じられています。

レバノンとは引き渡し協定がなく、フランスであっても自国民を他国に引き渡すことは普通はしないという報道を目にして感じたのは、今回のような、日本の法律を無視・超越した発想は外国籍であるゴーン被告だからこそ思いついた方法なのだろうと。

仏副大臣、ゴーン元会長を日本に「引き渡さない」:日本経済新聞
2020/1/2 19:28

仏テレビBFMの取材に応じた。パニエルナシェ氏は「フランスが国民を引き渡すことは決してない。それがルールだ」と説明した。仏法は「法律違反を犯した時点で仏国民だった人物への引き渡し要請には応じない」などと規定している。

日本においての保釈という取り決めの条件を破った訳ですから、当然批判もされるし、それに応じた処罰の必要性についても否定しません。

ただ今回の件から感じたのは、個人としての善悪の判断における独善性の強烈さというか、個人の思いをここまでして追求するか...というゴーン被告の姿勢に、西洋の哲学思想のもの凄さを垣間見た気がしました。

ゴーン被告の行動原理に、ルサンチマンとか末人としての発想は微塵も感じられず、そこにあるのは、日本の法律を否定し、あくまで自分自身の考えを貫き通す姿勢であり、超人的とも例えられるような気がしました。

その独善性が他者にとっては不愉快、受け入れがたい場合も当然ある訳ですが、あくまで自分の力を信じて総力戦で臨むゴーン被告にとっては関係ないことでしょう。

自分を振り返って、どこまで自分の信念を貫けるかというと、お恥ずかしい限りであります。

これからの人生の場面でも自身の信念を問われる場面は色々あるかとは思うのですが、

信念は、真実にとって噓よりも危険な敵である。

はニーチェの言葉。

先ほど超人に例えたゴーン被告ではありますが、キャリアの成功と破綻の原因のひとつが彼の信念に起因しているというのは、何とも皮肉な結果であり、学ぶべき点が多々あるような気がします。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  3. 3

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  4. 4

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  5. 5

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  7. 7

    すごい展開 優樹菜に芸能界驚き

    SmartFLASH

  8. 8

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  9. 9

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  10. 10

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。