記事

「政権への忖度はなかったと思う」籾井勝人前会長が語ったNHKの現実

1/2


 ガジェット通信が発表した「ネット流行語大賞」で「NHKから国民を守る党」の「NHKをぶっ壊す!」が金賞を受賞、かんぽ生命の不正販売を特集した「クローズアップ現代+」をめぐる、日本郵政からの“圧力”やガバナンスの問題、さらには大河ドラマ『いだてん』の低視聴率が取り沙汰されるなど、昨年はNHKが良い意味でも悪い意味でも注目を集めた1年だった。

 そんなNHKは今年、ネット同時配信を開始する。しかし高市早苗総務大臣は「業務、受信料、ガバナンスを三位一体で改革していくことが必要であり、インターネット活用業務を含む協会の業務全体を肥大化させないことが求められる」と釘を刺している。



 街頭では「問題になったことを圧力に負けないで正しいことを放送して、国民が見るものだから正当性のある公平なものを映したらいい」「面白いエンタメあるんだよっていうのは別にいらない、NHKは。ひたすらニュースやって事実だけを報道する番組がないからそれだけやってくれたらいい。国民の番組って感じがする」と、まだまだ視聴者の期待感は高い。

 そこで大晦日のAbemaTV『AbemaPrime』では、前NHK会長の籾井勝人氏と、元NHK記者で大阪日日新聞論説委員の相澤冬樹氏を招き、話を聞いた。

■「会長は何でもできるが、政権への忖度はない」



 任期中は発言が度々物議を醸していた籾井氏は三井物産の副社長、日本ユニシス社長などの要職を歴任後、第21代NHK会長に就任した。

 相澤氏は「私は初めて籾井さんとお会いするが、1階の食堂でよく食事をしているという話が職員の間では話題になっていた。三井物産時代や日本ユニシス時代のことを知る人たちに聞いたところ、皆さん言うことが一致していた。つまり、口が悪く、すぐ怒る。すごく怖い人。だけど理由があって怒るし、終わったらすぐに忘れ、さっぱりしていると。一言でいうと、いわゆる“川筋気質”だ」と話す。

 これに対し籾井氏は「少し褒めすぎじゃないか(笑)。語彙が少なく、ストレートに物を言うのが生来の性格で、相手を傷つけようとして物を言ったことはない。NHK会長時代も物議を醸そうと喋っていたわけではないが、思ったことをストレートに言っていることが多かったので、誤解を招いたとのだと思う。こういう言い方をしていいかは分からないが、楽しい3年間だった。人生を振り返ってみても、NHK会長の3年間が無ければ画竜点睛を欠くというか、大きな石が足りないような感じだったのではないかと思う。何の悔いもない良い3年の任期だったし、良い職員たちと仕事をさせてもらった。いまだに良い思い出だ。紅白は3年間、どこからも目立たないようなカメラ横の席でちっちゃくなって見ていた」と振り返る。



 「ラジオ講座は聴いていたし、テレビも常に見てはいた。ただ、特別な興味があったわけではないので、会長の話が来たときは“え?”という感じだった」と振り返る籾井氏。NHK会長の権限や職務については「無いのは自分自身の罷免権と、後任を選ぶ権利だけで、やろうと思えばいろんなことができるので、権力が集中しすぎていると言ってもいいくらいだ。仕事は中のことが8割くらいを占めていて、民間企業と同じように、こうすべきだと思って一生懸命やれば組織を良くすることもできる。それを大変だからといって辞めるから何も変わらない。ただ、番組内容への介入は権限のあるなしに関わらずすべきではないと思っていた」と明かした。

 また、自身の会長時代、局内に内閣への“忖度”があったのかと尋ねられると「それぞれの現場でそれなりの繋がりもあるので、そこで何が起こっていたのかは分からない。放送法には“事実に基づき公平公正、不偏不党、何人からも規律されず独立してやれ”と書いてある。会長としては会議があるたびにこのことを言っていた。そのくらい言われると頭にこびりつくものだし、皆も守ってくれたと思う。そういう意味において、忖度や上からのプレッシャーなどはなかったと思う」と断言。

 相澤氏に「象徴的なのは2015年8月30日の安保法制反対デモについてだ。主催者発表で12万人が国会を取り巻いたといわれていて、ほとんどのマスコミが報道した。しかしNHKは翌朝の『おはよう日本』で取り上げることをせず、東南アジアの2万人のデモを取り上げた。こんなことは現場のニュース編集者の判断でできるはずがなく、上が“止めろ”と言わない限り起こらない。さきほど楽屋でこの話を籾井さんに伺ったら、覚えていらっしゃらなかったが、当時、最高責任者として“これを取り上げるな”と言ったことはないか」と質されると、「ない。ただ、デモに関する報道について申し上げたいのは、わーっと騒いでいるところだけ映すことによって、ものすごい影響がある。私は必ず主催者発表と警察発表の両方を報じなければならないと思う」と応じた。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベトナムで低下が進む「親日度」

    WEDGE Infinity

  2. 2

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  3. 3

    Amazonと違う楽天の「送料無料」

    自由人

  4. 4

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  5. 5

    山本太郎氏を利用する立民に呆れ

    田中龍作

  6. 6

    迎撃魚雷の実用化が進まない背景

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    メルカリのOrigami買収判断は謎

    やまもといちろう

  8. 8

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    SW新作から見える米社会の変貌

    WEDGE Infinity

  10. 10

    新型肺炎の流行 五輪にも影響か

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。