記事

英サービスPMI改定値、12月は50.0に上昇 総選挙結果受け


[ロンドン 6日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが発表した12月の英サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は50.0と、前月の49.3から上昇した。12月12日に実施された総選挙でジョンソン首相が地滑り的勝利を収めたことを受けた。

総選挙前の回答を基にした速報値の49.0から上方改定された。

ただ、景況の拡大・悪化の分かれ目となる50は8月以来上回っておらず、2009年以降で最長となっている。IHSマークイットによると、第4・四半期の経済成長率は横ばいが示唆されている。

IHSマークイットのエコノミクスアソシエートディレクター、ティム・ムーア氏は事業期待指数の好転について、「事業環境が数カ月で改善し始めることを示すさらなるシグナルだ。ブレグジットを巡る不透明感の払拭が進んだことや政治状況の見通しが改善したことで企業センチメントが上向いたことが寄与した」と述べた。

製造業とサービス部門を合わせた総合PMI改定値は49.3。38カ月ぶりの低水準だった9月と同じだが、速報値の48.5からは上方改定された。

サービス部門の12月改定値は同月5─19日に寄せられた回答が基になっている。

キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、トーマス・プー氏は「きょうの発表からみて、総選挙後の信頼感の改善で上振れが数カ月続く可能性がある。1・2月の数字でもこの傾向が確認されれば、イングランド銀行(中銀)が金利の0.75%据え置きを判断するに十分だ」と述べた。

*内容を追加しました

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。