記事

ガラケーが浦島太郎に

ガラケーが便利なのでまだ持っている。そもそも電話が好きではないので、使う機会が少ないし、携帯していないことも多い。「何のための携帯や」というところだが。その愛用のガラケーに異変が起きていた。

今日、久しぶりにガラケーを使い、ふと画面をみた。と、時計にゼロが並んでいるではないか。

僕のガラケー、3Gだからサービスが徐々に廃止になっている。3Gでの通話自身、22年3月末で終わるらしい。その一環として時計のサービスが終わったのかとも思ったが、時計はガラケーの内部機能である。時間の補正だけが通信を介する。

では、ガラケーが壊れたのか。でも、他の機能は働いているようだし・・。というので、ネットを検索したところ、あった。「ガラケー、2020年を迎えられず」という類の表題がわんさか並んでいた。

要するに2019年12月末までのカレンダーしかインプットされていないガラケーがあって、年を越した瞬間にプッチンと時計が切れるらしい。正確には時計が初期値に戻り、そこで止まってしまうようだ。浦島太郎が現在のガラパゴスに流れ着いたようなものか。

対処方法はある。時計機能に入り、初期設定で年月と時間を合わせればいい。年だけは狂ってしまうが、時計としての機能は復活する。

一番いいのは1992年に戻ることらしい。1/1が水曜日、かつ閏年だから。僕の機種のカレンダーは2000年からしかない。仕方ないので2014年に戻しておいた。この年、1/1が水曜日なのだが、閏年ではない。2/28を超えればもう一度手動で設定しなければならない。

今のガラケー、まだ10年程度しか使っていない。「カレンダー、もう少しインプットしといたったや」というところだ。頻繁に買い替えることを想定していたのだろう。「かつての証券会社みたいな商売やな」と思ってしまった。

ちなみに僕の機種はソニー・エリクソンのW62S、auが採用した。

あわせて読みたい

「携帯電話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  7. 7

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。