記事

性善説からの転換。犯罪者は隙があれば逃げるもの、が司法関係者のこれからの常識になるのかな?

保釈金の金額をいくらにするか、というのは刑事弁護人にとっては腕の見せ所の一つであることは間違いない。

安ければ安いほどいい、というのが普通の方の感覚だろうが、刑事専門の弁護士の方々は必ずしもそうは考えないようである。
依頼者の社会的地位や資産、身柄を拘束されるに至った事情などを総合判断して、それなりの金額を裁判官に提示し、裁判官が保釈金の金額を決定するのが通常だろうと思う。

ゴーン被告の保証金は合計15億円だったそうだ。
決して保証金として低い金額ではないが、それでもゴーン被告の海外逃亡を諦めさせるほどの金額ではなかった、ということである。

過去の著名事件では、保釈金が結局全額弁護費用になってしまった、ということもあるようだから、大変な資産家であるゴーン被告はこの保証金にはそもそも大して未練がなかったのかも知れない。

保証金には逃亡抑止力が殆どない、ということが、ゴーン被告の今回の海外逃亡で明らかになった。

ゴーン被告の弁護団の方々は、保釈を勝ち取るために様々な提案をしていたようだが、今改めて振り返ると弁護団の提示した条件にはそれなりの合理性があったようである。

パスポートのすべてを弁護人が保管する。
ゴーン被告にGPSを装着させ、ゴーン被告の動静を24時間体制で監視する、等々。

保釈を許可した裁判官は、多分性善説に近い考え方の持ち主だったろうと思う。

これだけの立派な弁護団が付いていて、これだけ高額の保証金を積ませておけば、世界的に著名な経済人として知られるゴーン被告が逃亡など考えるはずがない・・。

GPSを装着させ、24時間監視体制を徹底さえすればゴーン被告の海外逃亡を阻止出来たはずだが、裁判官はどうやらGPSの装着は不要だと考えたようである。

最近は地区検察庁から逃亡したり、警察の施設から逃亡したり、保釈中に行方をくらます被告人が相次いでいるようである。

犯罪者は、隙あらば逃げるもの、と思っていた方がよさそうである。
出来るだけ人は信じたいのだが、性善説を取るのは、時にもより、人にもよる、ということだ。

窮鼠猫を噛む、という言葉がある。

司法関係者は、犯罪者や犯罪の嫌疑を掛けられている相手に対して絶対に隙を見せてはならない、ということだろう。
自戒を籠めて。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  6. 6

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  7. 7

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  10. 10

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。