記事

トランプ大統領と中東情勢

トランプ大統領が米軍に指示をして、イランのソレイマニ司令官を殺害したことが、中東情勢についてどのような影響を与えるのか、著しい不安定状況を作り出すのではないかとの懸念があります。

米国とイランとの間の緊張がエスカレートしてきていますが、これは世界全体にとって決して良いことではありません。トランプ大統領はいたずらに緊張を高めているのではないか。イランとの核合意を一方的に破棄したのもトランプ氏でした。

日本としてこの状況にどう向き合うのか。

折しも安倍総理は、12月末に、トランプ大統領の呼びかけに半ば応じる形で、自衛隊の中東派遣を閣議決定しました。大きく流動化しかねない中東情勢の中で、自衛隊法の「調査・研究」というあいまいな権限の中で、いたずらに自衛隊を危険にさらすことにならないかという懸念は、多方面から指摘されています。

近日中にイランをめぐる情勢がどう展開するかは予断を許しません。が、来たる国会で、すなわち予算委員会でも安倍総理の考えを質さなければならない論点であることは間違いありません。

あわせて読みたい

「中東情勢」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。