記事

ネズミ、社長のスーツをかじる

 トランプ米大統領新年早々に派手な振る舞いを見せ世界中に緊張状態に陥った。政権浮揚による再選のための手段との見方も強い。

 2016年の米大統領選において、当初ありえないと目されたトランプ大統領の誕生が世界を驚かせた。彼を支えた隠れトランプの存在を通して、日米文化の対比の中で頻繁に用いていた日本らしさとしての「本音と建前」は、「なんだ?アメリカにもあるのか」と気づかされた。

[画像をブログで見る]

 容赦なく社会の分断や差別を煽るヘイトスピーチを繰り返しながらの大統領選に向けて活動を行ったトランプの姿が記憶に新しい。言動の過激さが増すにつれカウンターアクションに出る者が増える最中、逆に、いわば大統領選挙便乗ビジネスに打って出る者も現れた。路上で「メキシコとの間の国境の壁用資金募集」や「1ドルをくれ。さもなければトランプに投票するぞ」などのプラカードを持ってトランプ仮面の物乞いが登場した。彼らの言動からは、自らも潤い、社会には警鐘を鳴らすという両面を同時に叶えている高度な仕掛けのようなものを垣間見た。

 猪年の年末、私は南の島スリランカにいて、ここでも偶然にも同じような人々の姿に遭遇した。ターミナルでバスに乗り出発時を待っていた時のことである。歌声が聞こえると思い目をやると、当の歌い手が車両の前方の扉から姿を現した。彼は、物乞を生業にしている片腕なき若者である。

 歌が途中で終わったと思いきや、お邪魔しますとのお断りの言葉があり、続けて自己紹介がはじまる。かいつまんで言うと、目の前を乗客が身体的な点一つとっても恵まれていること、そしてそれは前世において徳を積んだことの賜物であること、つまり因果関係として説明する。最後に、現世も来世も今以上に恵まれるようにお祈りし、徳を積むために自分に惠むよう提案するのである。この国は多宗教国でありながら、多数派は仏教徒で、日本と違い輪廻転生が強く信じられている。その時、その時の行いによって次世が決まると信じている宗教によってもたらされた下地がこの社会にある。そのことがあるから成立するいわばビジネスモデルである。

 完璧なまでの宗教に基づいた因果関係の説明が終わると新たな曲を歌い、手を差し出しお金を乞いながら車内を後方に向かって進む。乗客全員と言って良いほど進んでお金を恵む。私もポケットを漁り1ルピーを手渡した。その次の瞬間である。彼はお金を私に返してきたのである。一瞬なんのことか良く分からなかったのですが、彼が下車した後に、隣の乗客に理由を教えてもらい腑に落ちた。

 1ルピーでは足りない。もっとくれと言う意味で、つまり、来世への先行投資として、来世の条件との交換条件としての1ルピーは安くはないかと言葉を使わずして私に伝えたかったようである。むろん、これは彼に限ってことなのか他の同業者も同じなのかを確認しようはない。しかし、結果として恵まれない者を助けると言う好循環がこの社会において存在していることに改めて感動したのである。

 新年は子年である。多産のため、子孫繁栄などの象徴であり、この国は少子化にあって特に肖りたい一年でもある。さらには昔噺「鼠浄土」なども有名だが、鼠は異界や地縁を繋げてくれる存在で、大事にする福を授けたり、命を守ってくれるなど人間との良好な関係の言い伝えもある。その逆もあり、私の場合、鼠と言うとどうしても綾小路きみまろのネタが頭をよぎる。

 「社長が専務をいじめ、専務は部下をいじめ、部下は平社員をいじめ、平社員は社内にいじめる者がいないから、家に帰って妻をいじめ、妻は子に当たり、子供は犬を、犬は猫を、猫は鼠をいじめ、鼠は社長の背広をかじる。」と言うネタである。負の連鎖で、弱者いじめは必ずしっぺ返しが訪れると言う教訓が込められている。

 最近流行りの持続可能な開発目標(SDGs)などにも通ずる部分もあろうが、各々として、そして国家としてなど、あらゆる立場で常に世の中の悪循環に加担することなく、好循環を意識して丁寧に生きていく一年にする必要があるのではなかろうか。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  5. 5

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  6. 6

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  9. 9

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  10. 10

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。