記事

小室圭さん、宮内庁から「帰国しないでほしい」と要請か

宮内庁からは“帰国しないでほしい”要請が(撮影/JMPA)

母の佳代さんとは今年の正月も顔を合わせなかった(撮影/JMPA)

 いつもは仕事や学業が忙しく、離れて暮らす家族でも、年末年始の連休ぐらいは実家に集い、過ぎし一年を振り返り、迎える一年の健勝を祈りつつ、団らんの時間を過ごすもの。

 秋篠宮家の長女、眞子さま(28才)の嫁ぎ先になるはずの小室家の神奈川・横浜市内の自宅。婚約内定者の小室圭さん(28才)は一昨年夏、ここから米国留学に出発して以来、一度も帰ってきていない。

「一年の計は元旦にあり」とよくいわれるが、結婚についての発表が目前に迫っていることもあり、今年の正月こそは母・佳代さんと祖父が待つ実家に戻って、慶事の相談をするのではないかとみられていた。

「宮内庁側から、“帰国しないでほしい”との要望があったそうです。相変わらずマンション内での監視カメラ警備や周辺の見回りは続いています。しかし、本人の帰国となるとSPによる身辺警護が必要になる上、厳かな雰囲気で迎える令和皇室の初めての年始行事に水を差すことになりかねない。帰国しても、眞子さまにお目にかかる機会がないこともあって、お正月の帰国は見送ったのでしょう」(警備関係者)

 たしかに一般の人同士の結婚であれば、それでもいいのかもしれない。しかし実は、皇族方と結婚する場合、親族が集まって相談する機会は必要不可欠なのだ。皇室関係者がこういぶかしむ。

「一昨年2月に結婚延期を発表する以前、秋篠宮家と小室家は何度か結婚の具体的な段取りについて話し合っていました。その席で秋篠宮ご夫妻が、小室家の説明にいくつかの点で疑問を持たれたそうです。いまだにその点がクリアされていないのです」

 その1つが、結婚式の費用負担をどうするのかということ。ご夫妻にしてみれば、娘に結婚を申し込むほどだから、小室家として何らかの準備をしているはずだと考えていたようだ。しかし、フタを開けてみると、400万円の借金問題を抱える小室家は、「皇室関係者を招き、都心の高級ホテルで盛大に開く結婚式の費用のことは、まったくの秋篠宮家頼みだったようだ」(前出・皇室関係者)という。

 もちろん、そんな具合では結婚後の眞子さまの新生活にも不安を抱かれたことだろう。

「もう1つ、重大な問題だったのが、皇室の伝統に則った結婚をする場合、結納をする際に『使者』が必要となることです。これまでの例を見る限り、多くは親族から選ばれています。

 秋篠宮さまが『使者はどうされるのですか』と尋ねられても、小室さんも佳代さんも曖昧な答えをするばかりだったそうです。

 秋篠宮さまは、具体的な家族関係が見えてこないことに違和感を持たれたことでしょう。そうしたことも背景にあり、秋篠宮さまは一昨年11月、『納采の儀は行えない』と発言されたのではないでしょうか」(前出・皇室関係者)

「使者」は、一般の結納にあたる「納采の儀」の際に、男性側の家族を代表して宮家を訪問し、納采の旨を伝えて結納品を進呈したり、結婚式の当日に新婦をお迎えに上がるなどの役割を果たす。

「皇室は、その神秘性や権威性を保つために、結婚のプロセスを重視します。一般の人の結婚と同じようにせず、厳粛な儀式を見せることで、特別な存在であることが実感されるのです。

 その過程は、結婚相手が皇室にふさわしい相手であることを世間が認識することにもつながります。国民が納得し、祝意を持つにふさわしい相手であることが、皇室側が主導権を握って儀式を進める中で、明らかにされていくのです」(皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2020年1月16・23日号

あわせて読みたい

「小室圭」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  6. 6

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  7. 7

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  8. 8

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    大企業だから? 楽天叩きに違和感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。