記事

「風呂なし3万円」は「最高の育て方」か

1/2

 この記事、はてなブックマークでは評判が悪いな。肯定的にコメントしている人も少なくないけど。

president.jp

 要は、“特段の援助もせずに実家から放り出してみろ”というススメであり、そうすれば自活能力がつくし、条件を改善していく体験を得られるし、大変になれば実家に戻ればいいし、いいことづくめだよ、という意見である。

 昭和生まれ、昭和育ちとして、この意見は体感的にうなずける部分がある

 しかし、多くのブコメ同様、どうもモヤモヤする。うなずけない部分もあるからだ。

都内の風呂なし3万円木賃アパートで十数年住んだ昭和世代のぼくは

 ぼくは万博前後に生まれた世代で、18歳で実家を出てからは、35歳でつれあいと同居するまで、風呂なしアパート以外に住んだことはない(1年間を除いて)。そのうち十数年は都内(中野区)である。

 中野の木賃アパートは家賃3万円で相当に古く、屋根裏ではネズミが走り回り、ぼくの部屋にダニが大量発生したこともある。ガスもなし(ぼくの部屋に引いていない)。トイレも共同。

 クーラーもない。網戸もなしに窓を開けて寝る生活で、夏は朝日が差し込んで、ぼくの体を炙るようにして起されていた。汗だくになるので、時々コインランドリーについていた100円コインシャワーにいくのがぜいたくな楽しみである。

 ちなみにこの期間、自活能力は全く育たなかった。自炊は一切せず、パンを買ったりお菓子を食べたり、外食したり、朝・昼抜いたりとデタラメな食生活を送っていた。

 洗濯も溜まりに溜まった挙句にしていた。

 掃除については、化学的・生物的に汚くなる(要するにモノが腐るような状態)のは片時も耐えられない性分なので、食べたものなどはマメに捨てた。しかし、他方で物理的に乱雑なのはあまり気にしないので、掃除機も滅多にかけず、本・マンガが大量にあってホコリはひどかった。

 フロは銭湯中心で330円〜400円ぐらいだった。歩いて数分のところ。しかし、これでは毎日入れないのでどうしたかといえば、職場に風呂があったので勝手に入っていた。毎日めちゃくちゃに遅刻して、夜中まで仕事をして勝手に帰るというひどい生活をしていて、風呂なども誰にも断るわけでなく沸かして入ったのである。

 さらに、東京にいた終わり頃は新宿のジムに深夜行っていたので、そこでジャグジーに入って風呂がわりにしていた。つまり風呂の代わりになるにお金を出したり、他人の財産(職場)に寄生していたりしたのである。

 こんな生活で自活能力がついたとはとても思えなかったが、何がよかったかといえば貯金ができたことだろうか。結果としてみれば、それが最大の収穫で、というか、それしか明確な成果物はない(あとで述べる抽象的な1点をのぞいて)。本を買うのと飲み屋にいく以外は、ほとんどお金を使わないので、薄給でも住居費が安さが効いてお金がたまっていった。

 料理・掃除・洗濯をきちんとするようになったのは、結婚して共同生活をするようになってからである。むしろあの条件での一人暮らしは、体を壊しかねない危ない橋を渡っていたと言える。

 そして、ブコメにもあったが、ぼくの下宿は神田川近くで川崖の上にあって、あんなボロアパート、大地震がきたら崩れ落ちて普通に死んでいると思う。

 「誰でもかんばれば、その条件でも健康で文化的な最低限度の生活はできますよ」とは、とてもおすすめして言えない

 ただ、この人、柳沢幸雄が言っていることのうち、

親元を離れた生活を、そういった環境からスタートさせれば「自分はどこでも生活できる」という自信をつけることもできます。

という点、「自分はどこでも生活できるという自信」というのは確かにできたな、とは思う。実際にはいろんなものに支えられているんだけど、精神の上では「自分の力でどこでも生活できる」という感覚が生じ、親や援助を前提にしない思考をするようになる。それを「自立心」と言っていいのかどうかわからないけど。

 だから、できれば娘にも家から出て生活することを、体験として持ってほしいと思っている。そういう気持ちがベースにあるだけに、一人暮らしの提案としては柳沢の話は魅力的に映るのである。

 ただし、それは「3万円、風呂なし」などという条件を設けるものではない。

 ご覧の通り、「健康で文化的な最低限度の生活」ラインを切る可能性が高い(というか、すでに「6畳1間」=約10㎡であれば国の定める単身者の最低居住面積水準25㎡を確実に割る)のだから、お勧めできないのである。

  それでも、「そういう生活をして貯金をしたい」とか「まずはそこから始めたい」というのであれば、止めはしない。「長い人生のスパイス」(岩田正美)としての一時的な困窮なら「体験」としてはありうるからだ。そもそも親という安全装置がその後ろに控えているわけだし。

 それゆえに、柳沢の提案の大事なところをすくいだせば、「18歳になってから条件があるなら、一人暮らしをさせてみるのが、本人の自立心を養う上ではいいのではないか」というほどのものだろう。その一人暮らしの準備はフツーの住宅でいい。

 フツーの住居に住むほどの資金がない、賃金がない、というのであれば無理をする必要はない。

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  7. 7

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    政府の肺炎方針に自民議員が苦言

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。