記事

映画「さよならテレビ」を見てきた


 気になる映画だった「さよならテレビ」を、東中野のポレポレで見てきた。

 私には日本におけるテレビ放送の草創期から、制作者として現場にかかわってきたという自負がある。アルバイトとして日本テレビの朝放送班で働いたのは1933年(昭和58年)で、それは放送開始から5年目のことだった。そして翌年の9月から、2回しかなかった「NHKの秋採用」に合格して、「みんなのうた」「われら10代」などの番組制作にかかわることになったのだった。そのころのテレビ放送は、「マスコミの新しいチャンピオン」として、世間の注目を集めていたのだ。そのテレビが、制作者(東海テレビ)の内側から「さよなら」と言われるようになったのだから、これは只事ではない。テレビはいま、どうしてそんなに力を失くしてしまったのだろう。

 その答えは、この映画を見ていても与えられたわけではないのだが、テレビが切り札ではなくなって、「あまり信用されない情報源の一つ」になってしまった現状は、理解できると思った。そこには明らかに「テレビの堕落」という現象がある。堕落とは、一般に「顧客に媚びる」ところからはじまる。そして考えてみると、テレビ放送(ラジオも同じだが)とは、もともと「実体」の存在しない「情報」だけを売る商売なのだ。その「顧客に媚びる」傾向は、私はほとんど見なくなっている民放の方で、より深く進行している可能性もあるかも知れない。

 とはいうものの、テレビの地盤沈下を嘆いてみても始まらないのだ。インターネットを主役とする情報革命は、地球を覆って進行している。テレビは「チャンピオン」ではなくなるかもしれないが、これからも有力なマスコミの一角であり続けるだろう。そして市民社会は、ますます多様化する情報に包まれながら、ゆるやかに形を変えて変えて行くにちがいない。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。